研究者 タイ

ソンポーン・ロドボーン Somporn Rodboon

2001年度 招へい

1947年、タイ、バンコクに生まれる。1970年、シラパコーン大学版画科を卒業。1977年、イリノイ大学教育学部美術教育研究所で修士号(美術)を取得。1972~98年、シラパコーン大学美術学部助教授。タイの美術教育に携わり、国内の展覧会や「アジア太平洋トリエンナーレ」や「福岡トリエンナーレ」などの国際展でも重要な役割を果たしている。現在、チェンマイ大学助教授。


[招へい] 2001年2月27日〜2001年3月11日

滞在中の活動

日本の女性アーティストを調査・研究した。福岡だけでなく、関東、関西へ出かけて、精力的な活動をおこなった。また、3回の連続講座で、タイの現代美術について概説した。滞在中の研究成果は、3月に再度福岡に来て、フォーラム「日本とタイの女性アーティスト~その感性と創造性」の中でまとめられた。