招へい 日本

上村 卓大 Kamimura Takahiro

2024年度 招へい

1980年生まれ、福岡在住。
2022年「居場所について」OVERGROUND(福岡)
2020年「発生の場」佐賀大学美術館(佐賀)
2014年「Under35/2014 上村卓大展」BankART Studio NYK(神奈川)
2009年「変成態-リアルな現代の物質性-vol.2 泉孝昭×上村卓大」Gallery αM(東京)


[招へい] 2024年7月1日〜2024年12月25日
上村 卓大公式Instagram

これまでの活動

 意識的に制作をはじめて以来、常に変節を繰り返しつつ、一方で〈彫刻〉というものがもつ問題に囚われながら制作を展開。近年はスタジオの端材を使用することが多いが、そうした素材を積極的に選択しているという意識はなく、自身の回りからこぼれた何かが時間をかけて醸成される、またはある時間が跳躍して別の時間軸に挿入されるような感覚の中で、事物の時間に興味を持ち制作。
 2024年6月より仕事場とスタジオを宮若市に移し、滞在制作や展覧会の企画スペースを運営している。

《感嘆符のレプリカ》2022年
《胡瓜》2022年
《じょうろ(逆位置)》2022年
《すけべなこと》2022年
《タイトル未定》2023-2024年

交流日記

7月14日 キックオフ・トーク マハブブ・ジョキオ/レガ・アユンディア・プトゥリ/安田葉/浦川大志/上村卓大
(Artist Cafe Fukuoka コミュニティー・スペース)

同じ時間を過ごしたスタジオの端材を組み合わせた過去作品などを紹介した。滞在制作は彫刻家として時間をいじり、人間のように時間に縛られていない物たちのいびつさを大事にしていきたいことを語った。

7月3日 Artist Cafe Fukuoka入り

制作スタジオのあるArtist Cafe Fukuoka(旧舞鶴中学校)へ初めての登校。ガイダンスを終えた後、施設内を見学。