招へい インドネシア

レガ・アユンディア・プトゥリ Rega Ayundya Putri

2024年度 招へい

1988年生まれ、インドネシア在住
2023年 「Voice Against Reason」Museum of Modern and Contemporary Art in Nusantara (MACAN)(ジャカルタ、インドネシア)
2023年 「黄金町秋のバザールKoganecho International Artist’s Network 2023 誰も知らないアーティスト」黄金町エリアマネジメントセンター(神奈川)
2022年 「Membelah dan Menyatu」Soemardja Gallery(バンドン、インドネシア)
2019年 個展「Phosphene」Omni Space(バンドン、インドネシア)

ポートレート撮影:Bayu Rizki Maulana


[招へい] 2024年7月8日〜2024年9月30日
レガ・アユンディア・プトゥリ公式ウェブサイト
レガ・アユンディア・プトゥリ公式インスタグラム

これまでの活動と、福岡での予定について

 14匹の猫の親として、またアーティスト、講師としてインドネシアのバンドンを拠点にしている。視覚芸術領域で学士号と修士号を取得したプトゥリにとって、ドローイングはある種の現実逃避である。それは現実世界にひねりを加え、現代文化の雑音に抗う個の空間を創出することでもある。近年はスペキュラティブ・フィクションと廃棄物問題にアプローチしている。
 今回の滞在制作では、お気に入りのアニメ作品のひとつ「攻殻機動隊」から着想を得て、架空のディストピア的未来にある福岡を作品化する予定である。

《Am I Missing》2019-2020年
《Karazoological Museum》2023年 Image courtesy of 黄金町エリアマネジメントセンター Photo by笠木靖之
《Mirageology》2023年 Image courtesy of Museum MACAN. Photo by Museum MACAN.
《Unsound in This Self-Imposed Cell》2021年 Photo by Rangga Kuzuma.

交流日記

7月17日 アートツアー

九州産業大学芸術学部、九州産業大学造形短期大学部を訪問。学内の設備やスタジオの様子を見学。その後、福岡市美術館でコレクション展を鑑賞。ギャラリーEUREKA、art space tetraをでは在廊中だったアーティストと交流を深めた。

7月14日 キックオフ・トーク マハブブ・ジョキオ/レガ・アユンディア・プトゥリ/安田葉/浦川大志/上村卓大
(Artist Cafe Fukuoka コミュニティー・スペース)

捨てられたごみが私たちにどう影響をあたえるかをテーマにしたドローイング、絶滅したものが未来で別の形で復活することをテーマにしたインスタレーションなどの過去作品を紹介した。アニメ「攻殻機動隊」から着想を得て、福岡の人と物のインスタレーションを制作することを語った。また、作品制作で使用するいらない家電回収の呼びかけを行った。

7月9日 Artist Cafe Fukuoka入り

Artist Cafe Fukuokaであじびの学芸員とコーディネーターを交えたガイダンス。その後、施設内を見学。