招へい パキスタン

マハブブ・ジョキオ Mahbub Jokhio

2024年度 招へい

1992年パキスタン・メラブプール生まれ、ラホール在住
2024年 「4 by Four」 (Quddus Mirza企画、Articulate Studio, ラホール、パキスタン)
2023年「BNU グローバル・インパクト・アワード」受賞(ビーコンハウス国立大学、ラホール、パキスタン)
2019年「Partition Perspectives」(Crossings Gallery、ハーバード大学エド・ポータル、オールストン、アメリカ合衆国)
2018年個展「In the City of Lost Times」(The Tetley、リーズ、英国)


[招へい] 2024年7月12日〜2024年9月21日

これまでの活動と、福岡での予定について

 日常から歴史、詩学、政治、アート、気候危機などの様々なテーマと様々な素材を通して、イメージの生産と受容について疑問を投げかけてきたアーティスト。その実践にはしばしば皮肉やダーク・ユーモア、自己批判が散りばめられ、現実と魔術的リアリズムを仲介するイメージの力を見極め、解読しようとする。
 福岡では、日本の伝統的な鯉のぼりをリサーチし、世界をひとつの家族と捉え、絶滅危惧種の魚をテーマにしたインスタレーション作品を制作する予定。このプロジェクトを通して、日本を含む世界のすでに絶滅した(あるいは絶滅の危機に瀕している)魚たちに意識を向けるとともに、気候危機に対する自然の回復力を表現しようとしている。

《Jese Shahre Madfoon py waqt guzray》2017年
《For the love of her》2016年 撮影:Jules Lister
《Portrait of an old woman at the edge of graveyard》2016年
《Noah’s Dream》2022年
《A line that remains…》2023年
《Art for All》2021年

交流日記

7月17日 アートツアー

九州産業大学芸術学部、九州産業大学造形短期大学部を訪問。学内の設備やスタジオの様子を見学。その後、福岡市美術館でコレクション展を鑑賞。ギャラリーEUREKA、art space tetraをでは在廊中だったアーティストと交流を深めた。

7月14日 キックオフ・トーク マハブブ・ジョキオ/レガ・アユンディア・プトゥリ/安田葉/浦川大志/上村卓大
(Artist Cafe Fukuoka コミュニティー・スペース)

歴史、詩学、政治、アート、気候危機などをテーマにした過去作品(写真、インスタレーション、映像)を紹介した。まるで苦難に立ち向かって上に昇っていく日本の鯉のぼりに興味を持ち、絶滅した魚、絶滅危惧種の魚をテーマにしたインスタレーションを制作することを語った。