招へい 日本

安田 葉 Yasuda Yoh

2024年度 招へい

1988年神奈川県海老名市生まれ、神奈川在住
2020年 INTERMEDIA ART 2020 APPARATION (東京藝術大学大学美術館陳列館、上野)
黄金町バザール2020 アーティストとコミュニティ第2部( 横浜市黄金町、神奈川)
2022年 SPIRIT OF MARIOBORO (Malioboro Street、ジョグジャカルタ)
2023年 RIMBA ANGIN : WIND FOREST I Kadek Armika × Yoh Yasuda × CCG (Cush Cush Gallery、バリ)
2024年 土に還る凧-植物数学への道 (KOBE STUDIO Y3、神戸)


[招へい] 2024年7月1日〜2024年10月2日
安田 葉公式ウェブサイト
安田 葉公式Instagram

これまでの活動と、福岡での予定について

 2014年東京藝術大学大学院修了。これまで日本、オーストラリア、インドネシアなど各地で作品を発表。子供の頃の記憶や、近年のデジタル化により失われつつある伝統文化に強く興味を持ち、世界各地で出会う人々に着想を得て、立体、映像、インスタレーションなどの作品を制作している。
 母親がハタやバラモン凧で有名な長崎県出身で、幼い頃から凧作りに親しんできた。2019年からインドネシアの凧文化や、太平洋諸島の自然環境を研究し、持続可能な芸術表現としての凧を制作している。福岡ではバリ島のアートカイトのアーティストであるイ カデック ドゥイ アルミカと協力し、地域の伝統や風習を大切にしながら風と光と想像力の世界を繰り広げる。

Yoh Yasuda × I Kadek Armika『風の密林』展示風景 2023年
《Banana Paper Kite with Orchid》2023年
《Wind Orchid》2022年
《バリの蘭(Vanda tricolor) 》、《日本の蘭(Vanda falcata)》、《胡蝶 蘭(Phalaenopsis)》 2023年
《Shape of the Wind》(ビデオ) 2019年

交流日記

7月17日 アートツアー

九州産業大学芸術学部、九州産業大学造形短期大学部を訪問。学内の設備やスタジオの様子を見学。その後、福岡市美術館でコレクション展を鑑賞。ギャラリーEUREKA、art space tetraをでは在廊中だったアーティストと交流を深めた。

7月14日 キックオフ・トーク マハブブ・ジョキオ/レガ・アユンディア・プトゥリ/安田葉/浦川大志/上村卓大
(Artist Cafe Fukuoka コミュニティー・スペース)

インドネシアのジョクジャカルタで伝統的な凧の制作から地元の方々と一緒に飛ばすまでの過程を記録したドキュメンタリー、着生蘭をモチーフにした凧のインスタレーションなどの過去作品を紹介した。滞在期間はイ カデック ドゥイ アルミカ氏と共同制作を行うことを語った。また、日本の材料を使ったインドネシアの凧を制作するサポーターの呼びかけを行った。

7月12日 八女市訪問

作品に必要な和紙と竹ひごを買いに八女市を訪問。八女伝統工芸館を訪れた後、竹簾職人の方にお会いして、竹ひごの入手方法を相談。八女和紙の工房を訪れ、原料となるコウゾの皮から手漉きを経て紙になっていく行程を見学した。

7月10 能古島訪問

能古展望台から福岡近郊の海や島の位置関係を確認したり、思索の森を散策しながら植物を調べた。

7月2日 Artist Cafe Fukuoka入り

あじびの学芸員とコーディネーターを交えたガイダンスを終えた後、Artist Cafe Fukuokaの施設内を見学。