日本

ソー・ソウエン Soh Souen

2022年度 招へい

1995年生まれ
北九州市在住
2019年京都精華大学卒業
2020年個展「ささやかな叫び」(東京)
2022年小内光と二人展(蔦屋書店、東京)
2022年個展「Al Borde」(Taller Sangfer ギャラリー、オアハカ/メキシコ)


[招へい] 2022年9月16日〜2022年12月14日
福岡アジア美術館アーティスト・イン・レジデンス  ソー・ソウエン公式ウェブサイト

プロフィール

自らのアイデンティティーが何によって成り立っているかを、身体との関わりにおいて追及している。肖像写真からドットのみを抽出した絵画シリーズや自らの身体を縁取った絵画等を制作。近年では映像作品やパフォーマンスなど、表現の領域を広げている。

福岡での滞在中には、人の出生(個としての生の始まり)と深く関わりのある“お臍”と“呼吸”に着目した制作をおこない、「わたし」や「わたしたち」の性質について考察する。映像のモデルとなる方々や、パフォーマンスに参加してくださる方を市民から募集する予定。

「tie’2205」2022年
「どうしてわたしの手は、目は、乳首は2つあるの?」2021年
「Bleaching #1 」2021年
"my body yours mell and ouras"2020
"my body yours mell and ouras"2020
" Performance with Sara Milio"2021
" Performance with Sara Milio"2021