2022 招へい 韓国

イ・ビョンチャン Lee Byungchan

2022年度 招へい

1987年、韓国生まれ、ソウル在住。
「平昌ビエンナーレ」や釜山現代美術館では、消費生活で大量に廃棄され、環境汚染や生態系の破壊などを引き起こしているビニールやプラスチック素材を用いて、それらを発光させ、動かすことによって都市の中に奇妙な情景を創り出す大型インスタレーションを発表。資本や消費という目に見えないものが人や都市を動かすことに関心を寄せる。今回のレジデンスでは、福岡アジア美術館と歴史のある東長寺において、まるで深海の生物のような、色鮮やかに発光する大型の立体作品を発表した。


[招へい] 2022年7月21日〜2022年10月11日
イ・ビョンチャン公式ウェブサイト

「生物」2022年(東長寺)撮影:長野聡史
「生物」2022年(東長寺)撮影:長野聡史
「生物」2022年(東長寺)撮影:長野聡史
「生物」2022年(東長寺)撮影:長野聡史
"The Five Moons Return of the Nameless and Unknown (Main exhibition), PyeongChang Biennale, CREATURE", 2017
JEJU PILOT PROGRAM GROUND "AND ROAD,(Supported by JEJU CULTURE& ART FOUNDATION), TREE-CREATURE", 2015
"BIO FANTASY, (Daejeon Museum of Art), CREATURE", 2018
"00MHz- Oscillating Boundaries, (AROUND ULSAN), CREATURE", 2021
"00MHz- Oscillating Boundaries, (AROUND ULSAN), CREATURE", 2021