研究者 シンガポール

コウ・グワンハウ Koh Nguang How

2000年度 受入支援

1963年、シンガポールに生まれる。1985年から92年までシンガポール国立博物館に勤務。その間にシンガポールの美術史に興味をもつようになり、社会的なテーマを持つ作品や作家についての調査・研究を続けている。


[受入支援] 2000年6月1日〜2000年8月29日

滞在中の活動

平成11年度の招へい研究者として、6ヵ月間滞在したが、再度滞在して、調査・研究を継続した。招聘研究者のフォン・ボイをアシストしたり、招聘美術作家のキム・ヨンジンやラフィ・ハク、スジト・ラトヤナケ、テンク・サブリ・テンク・イブラヒムと交流をはかり、ネットワークづくりをおこなった。
①滞在期間[2000/06/01〜2000/06/29]
②滞在期間[2000/08/03〜2000/08/29]