研究者 タイ

サラウ・チュティウォンペティ Sarawut Chutiwongpeti

1999年度 受入支援

1970年、タイ、バンコクに生まれる。チュラロンコーン大学で視覚芸術・写真を学び、同大学の学術情報センターに勤務。コンピュータや電子工学などのマルチメディアに関する研究をおこなう。


[受入支援] 2000年1月29日〜2000年3月20日

滞在中の活動

平成11年度の国際交流基金フェローシップ招へい事業により10月から日本に滞在し、1月に福岡アジア美術館を訪問したことがきっかけで、2カ月間、福岡で滞在研究した。研究テーマは、「メディア・アートのコラボレーション:世界文明の重大なる時期となる21世紀の断片」で、文献調査やビデオ・アートの研究、市内の現代建築物の調査、北九州などの近郊の美術館を見て回るなど、幅広い活動をおこなった。