研究者 オランダ

ヨハン・パイナップル Johan Pijnappel

1999年度 受入支援

1958年、オランダに生まれる。ライデン大学で美術史・博物館学を学ぶ。フリーのキュレーター、エディターとして活動後、1996年より「ワールド・ワイド・ビデオ・フェスティバル」(オランダ)の企画に関わる。


[受入支援] 1999年11月10日〜2000年3月16日

滞在中の活動

ナリニ・マラニの滞在制作アドバイザーとして、ビデオ・インスタレーション「ハムレット・マシン」の撮影・編集・設置指導をおこない、「第1回アーティスト・イン・レジデンスの成果展」の図録にも執筆した。また、「ワールド・ワイド・ビデオ・フェスティバル」の事前調査として、当館の作家資料をくまなく調査し、また、京都、福井、さらに中国にも赴き、アジアのビデオ・アートについて調査した。