研究者 シンガポール

コウ・グワンハウ Koh Nguang How

1999年度 招へい

1963年、シンガポールに生まれる。1985年から92年までシンガポール国立博物館に勤務。その間にシンガポールの美術史に興味をもつようになり、社会的なテーマを持つ作品や作家についての調査・研究を続けている。


[招へい] 1999年9月10日〜2000年4月23日

滞在中の活動

タン・ダウの福岡アジア文化賞受賞を記念した「タン・ダウの軌跡」展のために、リーフレットの執筆や写真資料の提供などをおこなった。また、シンガポールの美術・文化を広く紹介する4回の連続美術講座を開講したほか、木版画の実技講座も開講。その活発な活動の中でもとりわけ「アジア楽市楽座」の企画・コーディネートには力を注ぎ、連日連夜、世界各国に散らばる参加アーティストとの連絡調整に追われた。