研究者 カンボジア

ハップ・トゥーイ Hab Touch

1999年度 受入支援

1965年、カンボジアに生まれる。1993年、ポーランドのコペルニクス大学文化財修復・保存学科で修士号を取得。「第1回福岡トリエンナーレ」ではカンボジアの協力キュレーターを務める。


[受入支援] 1999年10月18日〜2000年3月10日

滞在中の活動

外務省長期青年招聘事業により来日し、日本語研修、日本文化体験研修などを受けた後、当館に滞在し、日本の美術館・博物館について調査・研究した。カンボジアでは未整備な博物館・美術館の制度を日本で学び、その成果を自国に持ち帰るという重要な任務を課して来日した。福岡滞在中は、様々な施設を視察し、数多くの英語文献を調査することで、カンボジアでは初めてとなるクメール語による近代美術館制度の概論を著した。