研究者 カンボジア

ハップ・トゥーイ Hab Touch

1999年度 受入支援

1965年、カンボジアに生まれる。1993年、ポーランドのコペルニクス大学文化財修復・保存学科で修士号を取得。「第1回福岡トリエンナーレ」ではカンボジアの協力キュレーターを務める。


[受入支援] 1999年10月18日〜2000年3月10日

滞在期間

平成11年外務省長期青年招聘事業で来日し、滞在中は美術館や博物館についての全般的な情報の収集・調査をおこなった。また日本になじむための努力も怠りなく、日本語の学習はもちろんのこと華道や茶道など幅広く日本文化に触れ親しんだ。さらに、福岡市美術館で開催された「珠玉の東南アジア美術」展記念講演会「クメール美術とカンボジア国立博物館」の講師を務めた。