美術作家 パキスタン

ハーディム・アリー Khadim Ali

2006年度 招へい

パキスタン生まれのアフガニスタンのバーミヤンにルーツをもつハザラ人の細密画家、美術作家。タリバーンの迫害を逃れ、2015年にオーストラリアに移住。イランのテヘラン大学で美術を学んだ後、パキスタン国立芸術大学美術学部で細密画を学ぶ。卒業後、国内を中心に作品を発表し、日本では「現代アジアの作家Ⅲ パキスタンの現代細密画展」(福岡アジア美術館、2004年)で紹介された。「第5回ブリスベーン・アジア太平洋現代美術トリエンナーレ」(クィーンズランド・アート・ギャラリー、2006年)、「ドクメンタ13」(ドイツ、カッセル、2012年)にも参加。2006年度福岡アジア美術館招聘美術作家として3ヵ月間福岡に滞在。


[招へい] 2006年5月9日〜2006年8月7日

市民共同制作

「アフガニスタンの子どもたちを幸せな気持ちにする平和な絵」を描くワークショップを開催し、参加した福岡の小学生213人が描いた絵と、持参したアフガニスタンの子どもたちが描いた絵にもとづいて、8点の細密画シリーズ『誰もいない台所』を制作した。

細密画シリーズ『誰もいない台所』制作風景
細密画シリーズ『誰もいない台所』制作風景
細密画シリーズ『誰もいない台所』制作風景

ワークショップ

5月18日「アフガニスタンの子どもたちを幸せな気持ちにする平和な絵」
アフガニスタンの学校生活などを紹介した後に、現地の子どもたちを幸せな気持ちにする絵を 
思い思いに描いた。
南当仁小学校6年生131人(交流スタジオ)

6月8日「アフガニスタンの子どもたちを幸せな気持ちにする平和な絵」
柏原小学校3年生82人(柏原小学校)

7月26日「額縁をデコレーションしよう」
いろいろな小物をつかって、額縁を飾りつけた。
南福岡特別支援学校高等部の生徒42人(南福岡特別支援学校)

5月18日 アフガニスタンの子どもたちを幸せな気持ちにする平和な絵」
5月18日 アフガニスタンの子どもたちを幸せな気持ちにする平和な絵」
7月26日「額縁をデコレーションしよう」
7月26日「額縁をデコレーションしよう」
7月26日「額縁をデコレーションしよう」
7月26日「額縁をデコレーションしよう」

講演会(あじび美術講座)

7月15日「アフガニスタンのイスラム美術」
ティムール朝からアフガン侵攻、タリバン支配に至るアフガニスタンの美術と宗教と政治について
語った。
応募者76人(あじびホール)

7月15日「アフガニスタンのイスラム美術」

トーク

7月5日「現代文化論」
九州大学大学院人文学府「現代文化論」の授業で、自身の作品やアフガニスタンの現状などにつ
いて語った。

8月5日「アーティスト・トーク」
「第7回アーティスト・イン・レジデンスの成果展パート1」の開会式後、福岡で制作した細密画シ
リーズ『誰もいない台所』について語った。
一般参加者80人(交流ギャラリー)

7月5日「現代文化論」
8月5日「アーティスト・トーク」

展覧会

8月5日~20日「第7回アーティスト・イン・レジデンスの成果展パート1」
滞在制作した細密画8点とワークショップで子どもたちが描いた作品を交流ギャラリーで展示した。

「アフガニスタンの子どもたちに見せたい平和な絵」展
福岡の小学生が描いた213枚の絵を持ち帰り、翌年9月にアフガニスタンで展示した。

翌年9月アフガニスタンに帰って
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』
滞在制作作品『誰もいない台所(Absent Kitchen)』