美術作家 インド

サミール・タウド Sameer Tawde

2013年度 招へい

1978年、インドに生まれる。神話やSF などをテーマにロボット型のオブジェを制作するアーティスト。


[招へい] 2013年9月11日〜2013年11月9日

滞在中の活動

八女市の燈籠人形など、からくり人形について調査、撮影し、ムンバイの機械人形と対比させた写真作品の連作「神々とロボット@福岡」を制作した。また、ストップモーションの手法を使ったアニメーションを制作するワークショップをおこなった。