シャージア・シカンダル

SpiNN

1969年- パキスタン

シャージア・シカンダルは、細密画を現代美術としてよみがえらせた革新者である。ラホールの国立芸術大学で細密画を学んだ後、アメリカに渡った作者は、細密画の伝統の中に、非西洋的な空間表現、複雑な枠取り、様々な文化的な伝統の混在という現代的な造形やテーマを見出した。この作品は、2000年代前半に、作者が細密画をめぐる新たな実験として取り組んだ、デジタルアニメーションの最初期のものである。タイトルは、「spin」(回転する)と「CNN」(アメリカのニュース専門のテレビ局)を掛け合わせたもの。相互には関連のない様々なニュースを次々と流すCNNのように、様々なイメージが登場し、攪乱、解体、接合を繰り返す。それは「細密画」という伝統ある表現に、作者が挑んだ試行錯誤の取り組みをも示すものであろう。(YY)

作品詳細

作品名 SpiNN
作者名 シャージア・シカンダル
制作年 2003年
材質/技法 アニメーション(6分30秒)