美術作家 インドネシア

ティアルマ・ダメ・ルス・シライット Tiarma Dame Ruth Sirait

2005年度 招へい

1968年、インドネシア、バンドンに生まれる。


[招へい] 2005年6月21日〜2005年9月22日

滞在中の活動

「第3回福岡トリエンナーレ」の交流プログラムに参加し、開幕3ヵ月前から滞在した。まず、福岡市役所1階の福岡市情報プラザにピンクの衣装を着せたマネキン4体を展示し、展示当日に4人の青年とピンクの衣装を着てパフォーマンスをおこなった。さらに参加者が手づくりの衣装を制作するワークショップをおこない、後日、参加者と市内のカフェで「アフターパーティ」を催し、自作の衣装を着た参加者を一人ずつ撮影した。トリエンナーレのオープニングには、ファッション・パフォーマンス「プラスティック・ラブ/BUTHO-暗黒のダンス」をおこない、舞踏靑龍会のメンバーと中洲のショーパブで働いているフィリピンダンサーが華やかなステージを飾った。