コレクション展

あじびコレクションX―②「ネパールのチトラカール」

期間
2020年6月25日 (木) 〜 2020年9月22日 (火)
会場

アジアギャラリー

所蔵品1点を詳細に紹介した「あじび研究所」をバージョンアップ! 制作年・場所・主題・技法・作者などの共通項から2点の作品を選び出し、対比することによってそれぞれの作品世界を紐解きます。

 

「ネパールのチトラカール」

出品作品:テジ・バハドゥール・チトラカール「父祖に捧ぐ」(1966年)

プレム・マン・チトラカール「緑ターラー」(2005年)

 

ネパールの絵画作品の作者をみると、「チトラカール(Chitrakar)」という苗字が多いことに気づきます。ネパールには、「チトラカール」さんがたくさんいるのでしょうか?

実は、「チトラカール」は、ネパールの先住民族ネワール族の職業カーストの一つで、サンスクリットで「Chitr」が「絵」、「akar」が「作る人」を意味し、「絵師」の職業であることを示します。

ここでは、20世紀以降に活躍したふたりの「チトラカール」の作品をみていきます。

プレム・マン・チトラカール《緑ターラー》2005年