特別展

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

期間
2017年11月3日 (金) 〜 2017年12月25日 (月)
会場

企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC

◆開催概要◆近年、めざましい経済発展とともに、国際的な注目を集める東南アジアの現代美術。その歩みは、晴れていながら雨が降るサンシャワー(天気雨)のように、発展と困難が背中合わせでした。植民地支配と独立、独裁政権と民主化、経済発展と格差のなかで、ダイナミックに変化してきた東南アジア10ヵ国の1980年代から現在までの美術を、約29組・約80点の作品から「革命と情熱」「さまざまなアイデンティティー」「歴史との対話」など9つの視点で掘り下げて紹介します。「福岡ならでは」の特別な展示も!本展は、東京の国立新美術館と森美術館、国際交流基金アジアセンターが共同で開催している展覧会(7/5~10/23)を部分的に巡回するものです。福岡では、巡回作品に加えて、当館の所蔵作品や出品作家が90年代に福岡で展開したパフォーマンスの記録映像や展示のアーカイブをあわせて展示します。福岡ならではの、東南アジアと福岡の美術交流の軌跡をお伝えします。「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」東京会場特設サイト(会場:国立新美術館×森美術館)