小企画展

アート横断Ⅴ 創造のエコロジー

期間
2017年2月18日 (土) 〜 2017年3月21日 (火)
会場

彫刻ラウンジほか

福岡アジア美術館で開催する「アート横断」シリーズは、マンガやアニメ、映像、デザインなどの美術の周辺に広がる視覚表現や、異なるジャンルと交錯することによって生まれた新しい美術のあり方を紹介する小企画展シリーズのひとつです。これまでに、「アジアINコミック展 私たちはどこへ行くのか?」(2001年)、「インドのビデオ・アート展」(2004年)、「AniMate。 日韓現代アートに見るアニメ的なもの」(2005年)、「疾風迅雷 杉浦康平雑誌デザインの半世紀」(2005年)を開催してきました。

5回目となる本展では、これまで以上に「異なるジャンルと交錯することによって生まれた新しい美術のあり方」に注目し、幅広い領域を果敢に横断しようとするアーティストたちを紹介します。彼等の創作活動は、農業や経済、デザイン、ファッション、建築、科学、工学、医療などにまでアートの領域を拡張し、知られざる行路をさぐるのが特徴的です。それらのプロセスは直線的に効率よく問題を解決するのではなく、制作するための環境やさまざまな協力者との関係性をじっくり築きながら進められ、ときには完成した作品以上に、プロセスや関係性自体が重要になることもあります。生物学では、生物とその生存環境をまとめて「生態系」と呼びますが、アートにおいても作品の存立は、その生存・制作環境をいかに作りだすかにかかっています。

本展では、こうした視点を「創造のエコロジー(生態学)」と名づけ、アーティストたちの地道な取り組みに注目します。さらに今回は、来館者が気軽に利用できる彫刻ラウンジやカフェなどを会場に開催します。作品展示だけでなく、会期中のさまざまなイベントを通じて、新しい美術館体験を生みだします。

※詳細情報は特設サイトをご覧ください。