コレクション展

アニッシュ・カプーアとインドのカタチ

期間
2017年1月2日 (月) 〜 2017年5月9日 (火)
会場

アジアギャラリー

本展では福岡市美術館と当館の所蔵品を組み合わせた展覧会の第一弾として、インド出身でイギリスを拠点に国際的に活躍するアニッシュ・カプーアに焦点をあてます。カプーアはイギリスで作家として歩み始め、欧米の現代美術の世界で地位を確立してきたため、これまで福岡市美術館ではイギリス美術や現代美術一般の文脈で紹介されてきました。しかし、本展出品作の造形や素材、及びテーマにうかがえるように、カプーアの作品にはインドの宗教や文化も色濃く影を落としており、そこにはインドの宗教観、宇宙観、数学的概念が垣間見られます。深淵な精神世界を感じさせるカプーア作品の特色が、強くインドの文化と結びつくことは、インド現代美術の様々な「カタチ」を持った作品を合わせて展示することで、より明らかになるでしょう。今回は、4つのキーワードでカプーア作品を考えていきます。カプーアの発想の源泉のひとつと考えられるインドに伝わる神秘主義の経典【タントラ画】をはじめ、【抽象とカタチ】では、宗教的造形と強く結びついたインドの現代絵画をご紹介します。【精神と肉体】、【インドの母性像】では、それぞれ人間の肉体の中にひろがる宗教的思想を描いた作品や、カプーアの代表作である≪虚ろなる母≫から想起させられる母神信仰に着目した他の作家の作品をご紹介します。福岡市美術館とは異なる空間で、アニッシュ・カプーア作品の別の表情、またインド現代美術の奥深さと広がりを感じていただければ幸いです。