小企画展

現代アジアの作家 Ⅳ ニルーファル・チャマン

期間
2007年9月6日 (木) 〜 2007年12月11日 (火)
会場

アジアギャラリーB

アジアの現代美術作家を紹介する「現代アジアの作家」シリーズの第4回展として、バングラデシュの港町チッタゴンで活躍するニルーファル・チャマンの個展を開催します。

ニルーファル・チャマンは、バングラデシュの現代美術作家の中でも、強烈な個性をもつ作家です。美術の流行に左右されることなく、自らが感じる世界と真摯に向き合い、それを鮮やかな原色の大胆な構成、物語を感じさせる造形で表現します。その強固な精神世界と自由奔放な表現形態との落差があやうい魅力を放っています。

本展は、1989年の学生時代に描いたモノクロームの作品から、90年代前半の架空の生き物が登場する作品、そして90年代後半から現在にいたる原色鮮やかな作品まで、絵画や素描、立体作品で作家のこれまでの歩みをたどります。さらに、作家の世界観を伝える「ニルーファルの部屋」を展示室内に再現し、新作インスタレーション作品として、当館で公開滞在制作します。また、作家が得意とする子どもたちとのワークショップも実施。本展は、美しくもどこか奇妙にゆがんだニルーファルの表現世界を多面的に紹介する日本で初めての展覧会です。