開館20周年記念!蔵前仁一トークショー

期間
2019年5月18日 (土)
時間

14:00~16:00

会場

あじびホール

蔵前仁一トークショー「インド先住民アートの村へ」「福岡ミュージアムウィーク2019」イベントの一環として、旅行雑誌「旅行人」の編集長である蔵前仁一さんに、アジアの旅やインド先住民族が描く壁画について、お話いただきます。世界中を旅してきた蔵前仁一さんが、インドの先住民アートに出会い、魅かれていった経緯、そして個性豊かな先住民アート(ワルリー画、ゴンド画、ミーナー画、そしてジャールカンド州の先住民アートなど)をたくさんのスライドを交えて紹介していただきます。蔵前仁一(くらまえじんいち)雑誌『旅行人』編集長/旅行作家。1986年の『ゴーゴー・インド』を皮切りに、旅して書いた本は多くのバックパッカーや旅人たちを魅了した。2000年代からインド各地の田舎をめぐってインド先住民アートを取材し続けている。福岡アジア美術館での「魅せられて、インド。」展には、グラフィック・デザイナーとして、またコレクターとして参加。写真集『インド先住民アートの村へ』(旅行人)を近日刊行予定。*蔵前仁一オフィシャルブログはこちら。なお、本トークに合わせて、アートカフェにて、蔵前仁一さんのご著書、また旅行人社の本、また当館所蔵のインド先住民アートに関する本を集めた特集コーナーを設けています。あわせてご覧ください。*「旅行人」サイトはこちら