福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  レジデンス事業
今年度の滞在者
過去の滞在者
事業報告書
募集要項
今年度の滞在者
レジデンス事業の目的

アジアの美術作家、研究者、キュレーター等が当館に滞在し、様々な交流プログラムをおこなうことで、アジアの美術と文化への理解を深め、地域文化を活性化させるとともに、アジアの美術交流拠点となることを目指します。

招へい事業
アジア各地で活躍する美術作家や研究者・キュレーター等を招へいし、滞在制作やワークショップ、展覧会、講演会など、様々な美術交流事業を行います。

受入支援事業
他の機関からの助成や自費で福岡に滞在し、作品制作や調査研究活動を希望するアジアの美術作家やアジア美術の研究者・学芸員等を受け入れて、作品制作や調査・研究活動を支援します。

 
 
2015年度
■美術作家
■アンジー・シェ/anGie seah [シンガポール]
1979年生まれ、シンガポール在住。
2015年5月20日~7月28日
コミュニティに関わる音を使ったインスタレーションやプロジェクトを行なうアーティスト。福岡では、地域の人たちと日用品などを使って様々な音を作りだすオーケストラを編成します。ワークショップでは子どもたちに楽しい演奏を指導します。
■ファンコグラフィック/Fankografik [モルディブ]
1982年生まれ、マレ(モルディブ)在住。
2015年5月20日~7月28日
ファッション写真やコンセプト写真を手がける写真家。福岡では、日本とモルディブの伝統衣裳をアレンジしたコスチュームを、デザイナーや和裁士とともに制作してファッション写真を撮影します。写真の基礎を体験するワークショップをおこないます。
■チュンリン・ジョレン・モク/Chung Ling Jolene Mok [香港(中国)]
1984年生まれ、香港(中国)在住。
2015年9月16日~11月24日
世界各地で、人々の日常を題材にした、実験的なドキュメンタリーを制作する映像作家。福岡では、参加者が自宅を舞台にダンスを踊る実験的な映像作品を制作します。家族を撮影する写真やビデオ制作のワークショップをおこないます。
■ジュジュ・ユ/JUJU U  [韓国]
1982年ソウル生まれ、ソウル在住。
2015年9月16日~11月24日
スーパーマーケットの市販品で、ミュージアムに展示されている芸術品・工芸品を制作するアーティスト。福岡では、お菓子のパッケージを使って着物や扇子を福岡の人々と制作します。子どもたちと扇子を制作するワークショップをおこないます。
■研究者
■ダイアナ・キャンベル・ベタンコート/Diana Campbell Betancourt  [アメリカ]
1984年生まれ、ムンバイ(インド)在住。
2016年2月15日~3月26日
ムンバイを拠点に南アジア各地で活動するキュレーター。当館所蔵の南アジアのコレクションについて調査します。また南アジアのパブリックアートについてトークをおこないます。
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM