福岡アジア美術館
福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  レジデンス事業
今年度の滞在者
過去の滞在者
事業報告書
募集要項
今年度の滞在者
レジデンス事業の目的

アジアの美術作家、研究者、キュレーター等が当館に滞在し、様々な交流プログラムをおこなうことで、アジアの美術と文化への理解を深め、地域文化を活性化させるとともに、アジアの美術交流拠点となることを目指します。

招へい事業
アジア各地で活躍する美術作家や研究者・キュレーター等を招へいし、滞在制作やワークショップ、展覧会、講演会など、様々な美術交流事業を行います。

受入支援事業
他の機関からの助成や自費で福岡に滞在し、作品制作や調査研究活動を希望するアジアの美術作家やアジア美術の研究者・学芸員等を受け入れて、作品制作や調査・研究活動を支援します。

 
 
2018年度
■美術作家
■モー・ジアチン(莫佳青)/Mo Jiaqing [中国]
1993年杭州生まれ、杭州在住。2015年中国美術学院杭州校映画科卒業、2017年ロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アーツにて修士号取得(美術)。若手メディア・アーティスト。人と自然、動物、物との関係を、表現主義的かつ近未来的な空間の中で身体を使って演じ、ビデオやビデオ・インスタレーションで表現する。
[招へい事業]2018年5~7月
福岡では近未来的なオープンキッチンの中で、メイドがテーブルについた人たちに作りものの料理や飲み物を出しているという、現実と架空の区別ができない映像を制作します。
■トゥー・キム・ヴー/Thu Kim Vu [ベトナム]
1976年ベトナム生まれ、ハノイ在住。1999年ハノイ美術大学美術科卒業、2003年シカゴ美術大学付属大学にて修士課程修了。紙を使ったランタンによる繊細なインスタレーション作品を制作するアーティスト。
[招へい事業]2018年9~11月
福岡の建築物をリサーチし、LEDライト付きの紙のランタン彫刻で想像上の街を作り、それを天井からつり下げるインスタレーション作品を制作予定。
■キャンディー・バード/Candy Bird [台湾]
1982年台北生まれ、在住。2006年華梵大学芸術学部卒業。街の中の巨大な壁面に、社会や歴史に取材した人々の姿を描き出すアーティスト。
[招へい事業]2019年2~3月
東アジア、文学、壁画、ストリートアートにフォーカスしたアートプロジェクト「アザーズ」の一環として、福岡のライターとコラボレーションし、ライターが書いた物語をもとに壁画を制作する。
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM