福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
過去の展覧会
展覧会最新情報
 
現代アジアの作家 Ⅵ もっと自由に!―― ガンゴー・ヴィレッジと 1980年代・ミャンマーの実験美術
■期間:2012年12月13日(木) 〜 2013年03月20日(水)
■会場:アジアギャラリーB
アジアの現代美術作家を紹介する「現代アジアの作家」シリーズの第6回目として、ビルマ(現ミャンマー)最初の現代美術グループ「ガンゴー・ヴィレッジ・アート・グループ」を紹介します。
1979年にラングーン(現ヤンゴン)大学の学生や卒業生たちによって設立されたこのグループは、さまざまな実験的試みを毎年の展覧会で発表し、とくに1980年代においてミャンマー美術を牽引してきました。社会主義政権、軍事政権、民主化運動と激しく移り変わる時代に、若者から壮年となった作家たちの作品は、今なお驚くほど若々しいエネルギーに満ちています。展覧会の開催さえ困難だった時期を乗り越え、さまざまな制約の中で自由な表現を模索してきた作家たちの歩みを、美術グループとしての歴史的活動も含めて、8作家約39点の作品でたどります。
いま、ミャンマーは民主化へ向けて大きな社会変化の時を迎えています。その激動の時代を生きてきた作家たちの、表現の軌跡をたどっていただければ幸いです。

出品作家(予定)
チー・ミン・ソー Kyee Myint Saw(1939-)
アウン・ミン Aung Myint(1946-)
サン・ミン San Minn(1951-)
ゼーヤ Zeya(1953-)
ポー・ポー Po Po(1957-)
キン・スウェー・ウィン Khin Swe Win(1958-)
フラ・トゥー Hla Toee(1958-)
ティト TiTo(1959‐)

サン・ミン「コンピューター・コントロール・システム」1985年、個人蔵サン・ミン「コンピューター・コントロール・システム」1985年、個人蔵
ポー・ポー「テジョ(運動エネルギーの要素)」1985年、作家蔵ポー・ポー「テジョ(運動エネルギーの要素)」1985年、作家蔵
ティト「防護マスクをかぶって」2003年、作家蔵ティト「防護マスクをかぶって」2003年、作家蔵
期間2012年12月13日(木) 〜 2013年03月20日(水)
会場アジアギャラリーB
観覧料一般200円(150円) 高校・大学生 150円(100円) 中学生以下無料
展示品8作家による、絵画・インスタレーションなど約39点
主催福岡アジア美術館
その他休館日:水曜日、年末・年始(12月26日〜1月1日)※1月2日から開館します。
 尚、 最終日3月20日(水)は祝日のため、水曜日も開館します。 ※翌3月21日(木)は閉館します。
関連イベント■オープニング・イベント――アーティスト・トーク
日時:12月13日(木)10:00〜11:00
場所:アジアギャラリーB(7階)[展覧会会場内]
内容:「ガンゴー・ヴィレッジ・アート・グループ」の村長であるサン・ミンが、ガンゴー・ヴィレッジの活動と今回の展示作品についてお話します。
※申し込みは不要ですが、展覧会チケットが必要です。
問い合わせ福岡アジア美術館 Tel:092-263-1100 Fax:092-263-1105
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM