福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
 
最新のイベント
スケジュール
最新のイベント
 
あじびレジデンス作家によるトーク
■開催日:5月25日(土)14:00 ~16:00
■会場:その他
「福岡ミュージアムウィーク2019」イベントの一環として、当館にレジデンス作家、また受入支援作家として滞在中の美術作家2人が、これまでの活動や福岡滞在中のプランを語ります。

第一部 14:00-15:00
ハン・ソンピル(韓国、1972年生)
1972年韓国、ソウル生まれ。ヨンイン在住。1999年韓国・中央大学校卒業、2004年ロンドンのキングストン大学にて修士号取得。
Han Sungpil ウェブサイト

韓国の国内外で活躍する美術作家で、日本でも2011年横浜トリエンナーレ、2018年清里フォトミュージアムでの展示経験があります。福岡では、昨年釜山市立美術館で行ったプロジェクトの第2弾を制作。福岡の森と苔を被写体にした大型の写真を、街の中に設置する予定です。「環境問題について問いかけるとともに、福岡の人々にとって都市生活を見直し、環境に思いをはせる機会になってほしい」と話します。

※英語の逐次通訳あり

第二部 15:00-16:00
◆チェオン・キー・チェン(マレーシア、1981年生)
1981年マレーシア、クアラルンプール生まれ、在住。シンガポールで開催された「ユナイテッド・オーバーシーズ銀行絵画賞2018」にて、マレーシア部門最優秀賞を受賞。あじびに1ヵ月滞在し、制作をおこないます。

自然と女性性を重ね合わせるような作風の美術作家。福岡では、近年西日本で頻発する大雨による被害と、日本の国土創生(森羅万象の創生)にまつわる「イザナギとイザナミ」の神話をつなげて作品化することを考えています。

※中国語の逐次通訳あり
ハン・ソンピル(韓国)ハン・ソンピル(韓国)
チェオン・キー・チェン(マレーシア)チェオン・キー・チェン(マレーシア)
開催日5月25日(土)14:00 ~16:00
会場その他
料金無料
主催福岡アジア美術館
問い合わせ092-263-1100
その他【場 所】 アートカフェ(7F)
【定 員】 80名
【申 込】 不要
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM