福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
第12回 アーティスト・イン・レジデンスの成果展 パート2
■期間:2012年11月17日(土) 〜 2012年12月03日(月)
■会場:交流ギャラリー
◆平成24年度文化庁 文化芸術の海外発信拠点形成事業◆

 福岡アジア美術館では、毎年アジアの各国・地域からアーティストを招聘し、滞在制作やワークショップなどをとおして様々な美術交流をおこなう「レジデンス・プログラム」を実施していています。
 本年度第2期は、マレーシアからアズリザ・ビンティ・アヨボと、タイからランプー・カンサノウの二人のアーティストを迎えました。二人は9月から70日間福岡に滞在し、活動を行いました。
 アズリザ・ビンティ・アヨボは、福岡の人々とともに紙粘土で約2000個のキノコを制作しました。本展では、それらのキノコを用いたインスタレーション発表します。一方、ランプー・カンサノウは、福岡で出会ったさまざまな人々をモデルにした、コミカルな油彩画を5点描きました。
 二人は、滞在制作の他にも、トークやワークショップなど多彩なプログラムを行いました。本展では、こうした二人の福岡での活動の成果をご覧ください。


◇アズリザ・ビンティ・アヨボ
 Azliza Binti Ayob
 1975年生まれ、マレーシア、セランゴール在住。様々な社会問題を女性の立場でとらえた絵画やインスタレーションを制作するアーティスト。2005年に開催した第3回福岡アジア美術トリエンナーレに出品。福岡の人々とともに制作した紙粘土のキノコを使ったインスタレーション作品を制作。
(滞在期間:9月12日〜11月20日)


◇ランプー・カンサノウ
 Lampu Kansanoh
 1983年生まれ。タイ、サムットソンクラーム在住。人々の日常生活をエネルギッシュに描いて注目を集める若手画家。2009年 に開催した第4回福岡アジア美術トリエンナーレに出品。滞在中は、福岡で出会った人たちをモデルにしたコミカルな絵画を制作。(滞在期間:9月12日〜11月20日)
期間2012年11月17日(土) 〜 2012年12月03日(月)
会場交流ギャラリー
観覧料入場無料
主催福岡アジア美術館
関連イベント▼アーティスト・トーク
[日時] 11月17日(土) 10:00〜11:00
[会場] 交流ギャラリー(8階)
(逐次通訳/事前申込み不要)
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM