福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s
■期間:2018年11月23日(金) 〜 2019年01月20日(日)
■会場:企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
木版画は簡便な材料と技術で複製できるので、独立運動、民主化運動、労働運動、環境運動など、アジア各地の政治・社会運動のなかでしばしば制作されました。自分の感情を主体的に表現し、社会の問題をえぐりだし、遠隔地の人々との連帯を求める「メディア」として、木版画はアジアの近代化に重要な役割を果たしたのです。

1930年代に魯迅が推進した木版画は巨大な運動体となって中国各地で展開します。日本では戦後の民主化運動やサークル誌で木版画が盛んになり、多数の中国版画展が開かれます。韓国の1980年代では、激烈な民主化運動のなかでは木版画が多様な手段で大活躍します。今日のインターネット時代でも、インドネシアやマレーシアではパンク音楽家や美術家グループが、自由と自立を求めるメッセージを木版画で発信し続けています。 

本展は、以上の時代・地域の作品のほか、ベンガルの独立運動、シンガポールの日常、ベトナム戦争、フィリピンの闘争などをテーマとした木版画(リノカットを含む)作品と版画を掲載した印刷物などの資料あわせて約400点を紹介します。木版画を大衆的な「メディア」としてとらえ、異なる時代と地域をつなぐ版画運動のネットワークに注目する本展が、日本を含むアジア近現代美術史全体をとらえなおす契機になればと思います。


★本展特設サイト
本展ポスター本展ポスター
レオニーリョ・オルテガ・ドロリコン(フィリピン)「農園のなかで」2014年レオニーリョ・オルテガ・ドロリコン(フィリピン)「農園のなかで」2014年
ホン・ソンダム[韓国]≪五月-19 行こう、道庁へ≫(部分)1988年 福岡アジア美術館蔵ホン・ソンダム[韓国]≪五月-19 行こう、道庁へ≫(部分)1988年 福岡アジア美術館蔵
期間2018年11月23日(金) 〜 2019年01月20日(日)
会場企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
観覧料一般1000 (800) 円 高大生700 (500) 円 中学生以下無料 ※( )内は、前売り、20人以上の団体、満65歳以上で年齢を確認できる証明書の提示者等の料金。この料金でアジアギャラリーの展示もご覧いただけます。 ※次の方は無料になります。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾病医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人。 ※前売券は、ローソンチケット(Lコード82659)で発売
展示品①木版画、リノカット:200点程度 ②印刷物複製(ポスター、挿絵、ビラ)、大型バナー、壁画写真等の資料:200点程度
主催【主催】福岡アジア美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会 【共催】アーツ前橋 【協賛】ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜 【福岡会場協賛】日立製作所
助成公益財団法人吉野石膏美術振興財団、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
その他「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」展特設サイト
関連イベント◆オープニング・トーク◆

「アジア美術史を裏返す-木版画にみる抵抗と解放」

11月23日(金・祝)14:00~16:00 あじびホール(8階)
黒田雷児(福岡アジア美術館運営部長、本展企画者)
※予約不要・入場無料
各時代・地域の出来事に反応する「大衆芸術」としての木版画の魅力と、印刷物など多様な手段による情報発信力に注目して、絵画や展覧会によって語られてきた近現代美術史に新しい見方を示します。


◆映画上映◆

「闇に刻む光―アジアの木版画運動 1930s-2010s」展 協力企画
こんにちはシネラです―福岡市総合図書館収蔵の名作アジア映画を届けます―

12月9日(日)あじびホール(8階)
①11:00~「浄土アニャン」(韓国)2010年 デジタル モノクロ&カラー 102分 監督:パク・チャンギョン/日本語・英語字幕付き
②14:00~「クルドサック」(インドネシア)1998年 デジタル カラー 99分 協力:Miles Films 監督:ミラ・レスマナ、ナン・T・アハナス、リリ・リザ、リザル・マントファニ/日本語・英語字幕付き
観覧料(各回):500円(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
※定員(120名)各回入れ替え制
※チケット販売及び開場は上映の30分前。
※当該展覧会チケットの半券提示で、観覧料250円で2作品鑑賞できます。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。
※障がい者の方及び福岡市在住の65歳以上の方は1作品250円。(手帳や保険証の提示が必要です)
※「わの会」会員の方は1作品250円。(会員証の提示が必要です)
主催:問い合わせ先:福岡市総合図書館映像資料課 TEL:092-852-0600
10時~19時(日・祝日は18時まで)※図書館休館日除く


◆スペシャルトーク◆

「魯迅に博多人形を贈った画家、鎌田誠一」

12月16日(日)14:00~16:00 あじびホール(8階)
横地剛×黒田雷児(福岡アジア美術館運営部長、本展企画者)
※予約不要・入場無料
上海で版画展を手伝うなど魯迅(1881~1936)に様々な支援をした福岡県出身の画家・鎌田誠一(1906~1934)は、1932年に博多人形を魯迅に贈りました。戦乱の悲劇のなかで信頼を貫いた二人による、知られざる日中交流史をひも解きます。


◆学芸員によるギャラリートーク◆
当館学芸員が出品作品の見どころを紹介します。

学芸員によるギャラリー・トーク①
12月1日(土)シンガポール、フィリピンの出品作品について
13:00~13:30 企画ギャラリー(7階)
※予約不要・要展覧会チケット

学芸員によるギャラリー・トーク②
12月15日(土)ベンガル、韓国の出品作品について
13:00~13:30 企画ギャラリー(7階)
※予約不要・要展覧会チケット

学芸員によるギャラリー・トーク③
1月5日(土)中国、日本の出品作品について
13:00~13:30 企画ギャラリー(7階)
※予約不要・要展覧会チケット


◆週末ワークショップ◆
誰でも参加できる版画体験のほか、展覧会にちなんだワークショップをお楽しみください。
※詳細は随時当館HPに掲載します。

週末ワークショップ①
12月1日(土)
アートカフェ(7階)

週末ワークショップ②
12月15日(土)
アートカフェ(7階)

週末ワークショップ③
1月5日(土)
アートカフェ(7階)

週末ワークショップ④
1月19日(土)
アートカフェ(7階)


◆英語でギャラリーツアー◆
展覧会の魅力を英語で解説。英語を勉強中の方もどうぞ。

英語でギャラリーツアー①
11月30日(金)
14:00~14:30 企画ギャラリー(7階)
※予約不要・要展覧会チケット

英語でギャラリーツアー②
12月14日(金)
14:00~14:30 企画ギャラリー(7階)
※予約不要・要展覧会チケット

英語でギャラリーツアー③
1月4日(金)
14:00~14:30 企画ギャラリー(7階)
※予約不要・要展覧会チケット

英語でギャラリーツアー④
1月18日(金)
14:00~14:30 企画ギャラリー(7階)
※予約不要・要展覧会チケット

問い合わせTel:092-263-1100
学芸課 収集展示係
資料本展チラシ(表)
本展チラシ(裏)
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM