福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
冬のおとなミュージアム 異境にて─日本作家の見たアジア
■期間:2018年01月11日(木) 〜 2018年04月17日(火)
■会場:アジアギャラリー
戦前から戦後にかけ、日本作家はアジアという異境に何を見いだし、どう表現してきたのでしょうか? 福岡アジア美術館、福岡市美術館、福岡市博物館の3館による連携企画「冬のおとなミュージアム」シリーズの第4弾として、今回は、休館中の福岡市美術館の所蔵品を中心に、日本作家がアジアを旅するなかで生み出した作品を展示します。あわせて、森錦泉のようにインドネシアに移住した作家も紹介します。 吉田博《タジマハルの朝霧第五》1932年 福岡市美術館所蔵吉田博《タジマハルの朝霧第五》1932年 福岡市美術館所蔵
森錦泉《スンピン山の眺め》1930年代森錦泉《スンピン山の眺め》1930年代
期間2018年01月11日(木) 〜 2018年04月17日(火)
会場アジアギャラリー
観覧料一般200円(150円) 高校・大学生150円(100円) 中学生以下無料
主催福岡アジア美術館
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM