福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで
■期間:2017年11月03日(金) 〜 2017年12月25日(月)
■会場:企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
◆開催概要◆

近年、めざましい経済発展とともに、国際的な注目を集める東南アジアの現代美術。その歩みは、晴れていながら雨が降るサンシャワー(天気雨)のように、発展と困難が背中合わせでした。植民地支配と独立、独裁政権と民主化、経済発展と格差のなかで、ダイナミックに変化してきた東南アジア10ヵ国の1980年代から現在までの美術を、約29組・約80点の作品から「革命と情熱」「さまざまなアイデンティティー」「歴史との対話」など9つの視点で掘り下げて紹介します。

「福岡ならでは」の特別な展示も!
本展は、東京の国立新美術館と森美術館、国際交流基金アジアセンターが共同で開催している展覧会(7/5~10/23)を部分的に巡回するものです。福岡では、巡回作品に加えて、当館の所蔵作品や出品作家が90年代に福岡で展開したパフォーマンスの記録映像や展示のアーカイブをあわせて展示します。福岡ならではの、東南アジアと福岡の美術交流の軌跡をお伝えします。


「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」東京会場特設サイト
(会場:国立新美術館×森美術館)



参考作品 コラクリット・アルナーノンチャイ(タイ)《おかしな名前の人たちが集まった部屋の中で歴史で絵画を描く3》2015年、作家蔵 Courtesy: Carlos/Ishikawa London, C L E A R I N G New York/Brussels, BANGKOK CITYCITY GALLERY参考作品 コラクリット・アルナーノンチャイ(タイ)《おかしな名前の人たちが集まった部屋の中で歴史で絵画を描く3》2015年、作家蔵 Courtesy: Carlos/Ishikawa London, C L E A R I N G New York/Brussels, BANGKOK CITYCITY GALLERY
参考作品 フェリックス・バコロール(フィリピン)《荒れそうな空模様》2009/2017年、作家蔵|展示風景:「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」森美術館、東京、2017参考作品 フェリックス・バコロール(フィリピン)《荒れそうな空模様》2009/2017年、作家蔵|展示風景:「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」森美術館、東京、2017
同時開催企画 参考作品 スーザン・ビクター(シンガポール)《ヴェール―異端者のように見る》2017年、作家蔵|展示風景:「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」国立新美術館、東京、2017同時開催企画 参考作品 スーザン・ビクター(シンガポール)《ヴェール―異端者のように見る》2017年、作家蔵|展示風景:「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」国立新美術館、東京、2017
期間2017年11月03日(金) 〜 2017年12月25日(月)
会場企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
観覧料観覧料 一般800 (600) 円 高大生500 (300) 円 中学生以下無料 ※( )内は、前売り、20人以上の団体、満65歳以上で年齢確認のための健康保険証や運転免許証等の提示者の料金。この料金でアジアギャラリーの展示もご覧いただけます。 ※次の方は無料になります。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受給者証の提示者本人。 ※前売券は、ローソンチケット(Lコード84401)で発売
展示品絵画、ドローイング、版画、写真、映像、彫刻、インスタレーションなど約30作家/90作品を展示
主催【主催】福岡アジア美術館、西日本新聞社、TVQ九州放送     【共催】国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター 
助成ポーラ美術振興財団
その他◆同時開催◆

博多でつなぐ東南アジア
2017年11月3日(祝)~12月25日(月)[予定]
承天寺境内
「サンシャワー」展の出品作家スーザン・ビクター[シンガポール]が、承天寺境内に新作インスタレーションを発表します。
関連イベント◆オープニング・トーク◆

ギャラリー・トーク
日時:11月3日(祝)11:00~12:00 
場所:展覧会場(7階)
参加作家:
リー・ウェン [シンガポール](予定)
フェリックス・バコロール [フィリピン]
※要展覧会チケット、日英逐次通訳あり

シンガポールのザ・アーティスト・ビレッジと福岡の作家たち
日時:11月3日(祝)14:00~15:30 
場所:あじびホール(8階)
参加作家:
コウ・グワンハウ[シンガポール]
牛嶋均 [福岡]
古賀義浩 [福岡]
※入場無料、日英逐次通訳あり

光に照らされて/Coming to Light
(「博多でつなぐ東南アジア」展より)
日時:11月3日(祝)16:00~17:30 
場所:あじびホール(8階)
参加作家:スーザン・ビクター [シンガポール] 
※入場無料、日英逐次通訳あり


◆関連イベント◆

鬼才の監督5人が撮った東南アジア美術&解説トーク
東南アジアの映画監督がシンガポール国立美術館の所蔵作品から着想して制作した短編映画集の上映と、特別解説トーク。
日時:11月4日(土)14:00~15:30 
場所:あじびホール(8階)
映画:『Art Through Our Eyes(僕らが見た、美術)』
(2016年|シンガポール|30分|デジタル上映|日本語字幕)
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン、ブリランテ・メンドーサ、エリック・クー、ホー・ユーハン、ジョコ・アンワル
トーク:後小路雅弘(九州大学大学院人文科学研究院教授)
共催:国際交流基金アジアセンター
協力:シンガポール国立美術館
※入場無料

アジア太平洋におけるソーシャリー・エンゲイジド・アート
アジア各地の社会に関与するアートの事例報告&ディスカッション。
日時:11月26日(日)14:00~17:00 
場所:あじびホール(8階)
参加者:
レオノール・ヴェイガ(ライデン大学、研究者)*当館レジデンス研究者
ジェームズ・ジャック(九州大学ソーシャルアートラボ、美術作家)
ヘアロハ・ジョンストン(ホノルル美術館、学芸員)
中尾智路(当館学芸員)ほか
※入場無料、日英逐次通訳あり

後小路教授とめぐる東南アジア現代美術の旅
東南アジア美術研究の第一人者が、30年間の東南アジア調査をふりかえる。
日時:12月9日(土)14:00~15:30 
場所:あじびホール(8階)および展覧会場(7階)
ゲスト:
トーク:後小路雅弘(九州大学大学院人文科学研究院教授)
※集合はあじびホール。要展覧会チケット。


◆学芸員によるギャラリートーク◆

学芸員によるギャラリートーク①
日時:11月11日(土)14:00~14:30
*中尾智路学芸員


学芸員によるギャラリートーク②
日時:11月18日(土)14:00~14:30
*柏尾沙織学芸員


学芸員によるギャラリートーク③
日時:12月16日(土)14:00~14:30
*趙純恵学芸員


学芸員によるギャラリートーク④
日時:12月23日(土)14:00~14:30
*五十嵐理奈学芸員


問い合わせ福岡アジア美術館
Tel:092-263-1100 
Fax:092-263-1105 
資料サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで(チラシ)
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM