福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
心の旅、ベトナム――日本の美術コレクター寄託作品より
■期間:2016年09月08日(木) 〜 2016年12月25日(日)
■会場:アジアギャラリー
 日本の美術コレクター3人が心魅かれ、集めたベトナム美術の寄託作品を中心に、1940年代から現在までのベトナム美術を紹介します。現在、当館では約400点のベトナム美術作品の寄託を受けていますが、そのなかから約50点を選び、さらに当館の所蔵作品を加えた約60点を展示します。
 3人の美術コレクターは、1980-90年代にかけてベトナムを行き来し、それぞれに特徴あるコレクションを築きました。1人目のコレクションは、1940-60年代のベトナム近代美術――ベトナム美術の特有のジャンルでもある漆絵や、度重なる戦争の困難な生活のなかで描かれた油彩や水彩の小作品などです。2人目のコレクションは、主にベトナム戦争時代に抗米意識を宣揚するために制作されたプロパガンダ・ポスターの原画です。そして3人目のコレクションは、戦争が終わり平穏を取り戻したベトナムの、緑広がる平和な村などを描いた現代の作品です。絹絵や漆絵といった伝統技法を引き継ぐジャンルから、油彩、水彩、本の挿絵、そしてポスターなどまで、激動する社会のなかでベトナムの作家たちは多様なメディアで社会を映し続けました。
 日本の美術コレクターたちの「心の旅」をとおして、多彩なベトナム美術の魅力を感じていただければ幸いです。

 なお、本展は「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2016」ベトナム大特集上映の連携企画であり、また調査においては当館との相互協力館であるシンガポール国立美術館のベトナム美術専門学芸員の協力を得ました。
タイン・チュオン《田園のかたわらで》漆・パネル、1999年、Art U-room 所蔵タイン・チュオン《田園のかたわらで》漆・パネル、1999年、Art U-room 所蔵
作家不詳《労働者1人は革命支持者2人に等しい》1970年代、個人蔵作家不詳《労働者1人は革命支持者2人に等しい》1970年代、個人蔵
タ・ティ《(ギターを弾く人)》1954年、個人蔵タ・ティ《(ギターを弾く人)》1954年、個人蔵
期間2016年09月08日(木) 〜 2016年12月25日(日)
会場アジアギャラリー
観覧料大人200円、高大生150円、中学生以下無料
展示品漆絵、絹絵、油彩画、水彩画など約60点
主催福岡アジア美術館
協力アジアフォーカス・福岡国際映画祭2016、福岡市文化芸術振興財団
関連イベント●本から知るべトナムの魅力!
当館所蔵のベトナム関連の図書・資料約350冊より、観光ガイドブックから写真集、ベトナムポスター、ベトナム近現代美術の図録まで100冊以上を一挙紹介。8階、図書閲覧室へどうぞ。


●【アジアフォーカス・福岡国際映画祭 × 福岡アジア美術館 × (公財)福岡市文化芸術振興財団 連携企画】

「ベトナム料理店店主に聞く ローカル飯屋(めしや)の話」

[日 時] 2016年9月12日(月) 14:00~
[場 所] 福岡アジア美術館(7階) カフェスペース
[講 師] 森山 穣 氏(ベトナムカフェレストラン「ゴンゴン」店主[福岡・平尾])
[参加費・定員] わの会会員 300円 / 一般500円(要展覧会入場券)計20名 ※先着順
[申込み] 福岡市文化芸術振興財団 電話(092-263-6257 平日のみ)での事前申込制 ※終了しました。
[本イベントに関する問合せ]
(公財)福岡市文化芸術振興財団  担当:山本
TEL 092-263-6257 / FAX 092-263-6259 / Email wa@ffac.or.jp
問い合わせ福岡アジア美術館:092-263-1100
資料「心の旅、ベトナム」チラシ
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM