福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
冬のおとなミュージアム「超☆現実」―演じる写真
■期間:2017年01月02日(月) 〜 2017年03月21日(火)
■会場:アジアギャラリー
福岡アジア美術館、福岡市美術館、福岡市博物館の3館による連携企画シリーズ第3弾。今年のテーマは「超☆現実」。

当館の企画は「演じる写真」。
本展では、美術作家自身が別の誰かに姿を変えて、写真の世界に登場する作品や、現実には存在しない世界を人工的に作り上げる演出写真など、アジアの写真作品、約30点を紹介します。

さまざまな情景や場面に作家自身が扮装して登場するセルフ・ポートレート(自写像)的な表現方法は、1970年代後半から活躍するアメリカのシンディー・シャーマン(1954-)や日本の森村泰昌(1951-)の有名絵画の登場人物や有名人に扮した写真作品で知られています。しかし、本展で紹介するアジアの作家たちは、いかに上手く変身し何者かの肖像(ポートレート)となるかよりも、扮することによって自分が置かれている国や社会の困難な現実を新たな視点で見出そうとしています。

スリランカのプラディープ・タラワッタは、宗教対立による長い内戦で破壊された道路に、仏教徒の作者がヒンドゥー寺院の聖なる模様の布をまとってまっすぐに立ち、戦後社会の行方を見すえようとしています。ミャンマーの女性作家、ニェレイは男性に扮し、父親のいない家族のために父親となって記念撮影をします。また、韓国のニッキー・リーは、アメリカのさまざまな集団に溶けこもうと、自身の姿をカメレオンのように多彩に変化させて写真に映り込みます。

美術作家が見せる写真世界と現実のはざまには、一体どんな世界が広がっているのでしょうか。

ニェレイ(ミャンマー)《制限された事柄の関係性-2》2010年ニェレイ(ミャンマー)《制限された事柄の関係性-2》2010年
ツェン・クォンチ(中国)《遠征する自画像シリーズ:自由の女神》1985年ツェン・クォンチ(中国)《遠征する自画像シリーズ:自由の女神》1985年
チー・パン(中国)《太陽》2004年(部分)チー・パン(中国)《太陽》2004年(部分)
期間2017年01月02日(月) 〜 2017年03月21日(火)
会場アジアギャラリー
観覧料一般200円(150円) 高校・大学生 150円(100円) 中学生以下無料
展示品写真作品約30点
主催福岡アジア美術館
関連イベント★おでかけトーク
「冬のおとなミュージアム」の企画として、福岡アジア美術館と福岡市博物館の2館の展示会場内、福岡市美術館も含めた3館の学芸員がそろってギャラリートークを行います。
福岡アジア美術館 2017年1月21日(土)13:30~14:30
福岡市博物館 2017年2月12日(日)13:30~14:30
※事前申込み不要。ただし、観覧券が必要。

★あなたの知らないバスツアー 要事前申込
マイクロバスで3館をめぐり、企画展やミュージアムの魅力をSNSや口コミで発信してください。リニューアル休館中の福岡市美術館にも潜入できるかも!?
2017年1月28日(土)13:00~18:00(予定)
【定員】抽選で20名 ※参加無料
【応募方法】往復はがき(〒810-8620住所不要)、メール、FAXに住所、氏名、年齢、電話番号を記入して、1月6日(金)までに文化振興課「あなたの知らないバスツアー」係まで。
【問合せ・申込先】福岡市文化振興課 Tel:092-711-4665 Fax:092-733-5537 
E-mail: bunka.EPB@city.fukuoka.lg.jp
※詳細は「福岡ミュージアム情報(美術館、博物館等)Fukuoka Museum Info」をご覧ください。
【主催】福岡市、福岡市美術館、福岡アジア美術館、福岡市博物館

資料冬のおとなミュジアム「超☆現実」チラシ
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM