福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
金 汶浩 粉青沙器 茶碗展
■期間:2016年04月21日(木) 〜 2016年04月26日(火)
■会場:交流ギャラリー
 朝鮮半島で15世紀に最盛期を迎えた「粉青沙器(ふんせいさき、분청사기)」。
日本では「三島(みしま)」、「刷毛目(はけめ)」、「粉引(こひき)」として珍重され、
唐津焼などのルーツとなりました。
 陶芸家・金汶浩(キム・ムンホ)は、韓国全羅南道務安郡・月山里芸術村で
粉青沙器の伝統を継承し、野趣あふれる作風で知られます。
初めての福岡個展では、約70点を展示。期間中、作家が会場に常駐します。​

最終日 4月26日(木)18:00まで
期間2016年04月21日(木) 〜 2016年04月26日(火)
会場交流ギャラリー
観覧料無料
主催金 汶浩 粉青沙器 茶碗展 実行委員会
問い合わせ090-5380-2997
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM