福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
東京藝大×福岡アートプロジェクト「明日への坩堝」
■期間:2015年12月10日(木) 〜 2015年12月23日(水)
■会場:交流ギャラリー
ア ジアの中の日本、日本の中のアジアをテーマとし新人作家の育成を図る展覧会です。
国際的に活躍するアーティストの育成を目標に、各地で開催していくプログラムのひとつ。
福岡で実施するにあたり、とくにアジアとの関係を重視したプログラムとしています。東京藝術大学関連のアーティストと福岡を拠点とするアーティスト、釜山のアーティストのアジア圏の新進作家10名による展覧会。会期中にワークショップ、ギャラリートークもおこないます。
出品者 ; 高橋賢悟   立体  (東京藝術大学非常勤講師)
       下 西進    映像  (東京藝術大学研究員)       
      高原悠子  インスタレーション(東京藝術大学修士過程2年)
      赤坂有芽   映像  (東京藝術大学教育研究助手)
      ワン・トクキョン 多 種 (釜山大学美術大学大学院修了)
      井上絢子   絵画  (佐賀大学卒)
      牛島光太郎 インスタ レーション(成安造形大学卒)
      田 島惠美   版画    (九州産業大学芸術学部大学院修了)
      パ ラス・プリ 絵画   (九州産業大学芸 術学部3年)
      浦 川 大志  絵画   (九州産業大学芸 術学部3年)

ワー クショップ
 「坩堝からの意識ー立体からドローイングへ」  
   開催日時;12月13日(日)10:00〜16:30(12:00〜13:00昼休憩)
   開催会場;福岡デザイン専門学校(tel 092-716-0094)
   定員  ;15名程度
   講師  ;西村雄輔(東京藝術大学特任准教授)
   内容  ;紙粘土を用いて自分の手で対象物を作り、デッサンします。

ギャラリートーク
     保科豊巳(東京藝術大学美術学部長)
     12月12日(土)16:00〜

最終日12月23日(水・祝)18:00まで
期間2015年12月10日(木) 〜 2015年12月23日(水)
会場交流ギャラリー
観覧料無料
主催東京藝術大学
問い合わせ東京藝術大学鋳金研究室 赤沼 潔  050-5525-2187
東京藝術大学事務局 清水将次  050-5525-2113
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM