福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
アジアの女性アーティスト展「アジアをつなぐ -境界を生きる女たち 1984-2012」
■期間:2012年09月01日(土) 〜 2012年10月21日(日)
■会場:企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
近年、アジアの女性アーティストを取り巻く状況は急激に変化しています。アジア諸国の経済発展やジェンダーに対する社会意識の高まりなどを背景に、時代のうねりは女性と社会、アジアと世界との関係に、今までにない構造的な変化をもたらしています。こうした状況下で、アジアの女性アーティストたちは何を感じ、どのような立場から、何を表現しようとしているのか。本展の狙いは、その軌跡をアジア美術が国際的な注目を集める前の1980年代から丹念にたどることにあります。

本展で紹介するのは、45人のアーティストによる約120点にのぼる作品で、この規模で開催されるアジアの女性アーティスト展は日本で初めてとなります。女性特有の問題を意識して作られた作品から、社会や歴史のなかで周縁化された人々、そして暴力や死などにまで広がる関心を凝縮した作品などが一堂に会し、会期中にはアーティストによるトーク、ワークショップ、パフォーマンス、上映会などのプログラムも開催します。

「アジア」「女性」「アート」という3つのキーワードが掛け合わされたところで生まれる作品から、創造的でポジティブな可能性をきっと感じていただけるに違いありません。


<展覧会を構成する各テーマ>
1.女性の身体 ── 繁殖・増殖、魅惑と暴力の場
2.女性と社会
(1)女性/男性の役割。女同士の絆
(2)ディアスポラ)、周縁化された人々
3.女性と歴史 ── 戦争、暴力、死、記憶
4.女性の技法、素材 ──「美術」の周縁
5.女性の生活 ── ひとりからの出発

<出品作家>
Aisha Khalid アーイシャ・ハーリド/Alma Quinto アルマ・キント/Amanda Heng アマンダ・ヘン/Arahmaiani アラフマヤーニ/Arpita Singh アルピタ・シン/Brenda V. Fajardo ブレンダ・ファハルド/Cao Fei 曹斐 ツァオ・フェイ/Dagvasambuu Uuriintuya ダグヴァサンブー・ウーリーンツヤ/Eng Hwee Chu エン・フュウチュウ/Habiba Zaman Khan ハビーバ・ザマン・ハーン/Ha Cha Youn ハ・チャヨン/Idemitsu Mako 出光真子/Imelda Cajipe Endaya イメルダ・カヒーペ =エンダーヤ/Inoue Hiroko 井上廣子/Ishikawa Mao 石川真生/Ito Tari イトー・ターリ/Jane Jin Kaisen ジェーン・ジン・カイスン/Jung Jungyeob ジョン・ジョンヨプ/Kum Soni 琴仙姫 クム・ソニ/Le Hoang Bich Phuong レー・ホアン・ビック・フオン/Lin Tianmiao 林天苗 リン・ティエンミャオ/Hou Lulu Shur-Tzy 侯淑姿 ホウ・ルル・シュウズ/Machida Kumi 町田久美/Jalkhaajav Munkhtsetseg  ジャルハージャブ・ムンフツェツェグ/Nalini Malani ナリニ・マラニ/Nazlee Laila Mansur ナズリー・ライラ・モンスール/Nge Lay ニェ・レイ/Nguyen Thi Chau Giang グエン・ティ・チャウ・ザン/Nguyen Trinh Thi グエン・チン・ティ/Niloofar Chaman ニルーファル・チャマン/Pinaree Sanpitak ピナリー・サンピタック/Sakata Kiyoko 阪田清子/Shahzia Sikander シャージア・シカンダル/Shilpa Gupta シルパ・グプタ/Shiota Chiharu 塩田千春/Song Hyun-Sook ソン・ヒョンスク/Trinh T. Minh-ha トリン・T・ミンハ/Watabiki Nobuko 綿引展子/Yamashiro Chikako 山城知佳子/Yasmine Kabir  ヤスミン・コビール/Yee I-Lann  イー・イラン/Yeesookyung イースギョン/Yin Xiuzhen 尹秀珍 イン・シウジェン/Yun Suknam ユン・ソクナム/Zarina Hashmi ザリナ・ハシミ(※福岡会場で出品予定の作家)


ジョン・ジョンヨプ(韓国)       「種」2003年ジョン・ジョンヨプ(韓国)       「種」2003年
塩田千春(日本)           「Bathroom」1999年塩田千春(日本)           「Bathroom」1999年
アーイシャ・ハーリド(パキスタン)  「ビーナスの誕生」2001年アーイシャ・ハーリド(パキスタン)  「ビーナスの誕生」2001年
期間2012年09月01日(土) 〜 2012年10月21日(日)
会場企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
観覧料一般 1,000(800)円  高大生800(600)円 中学生以下無料 ※( )内は20人以上の団体・前売り料金。 ※この料金でアジアギャラリーの展示もご覧いただけます。 ※次の方は無料になります。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の保持者本人と介護者1人、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券の保持者本人。 ※この料金で、アジアギャラリーの展覧会(コレクション展)もご覧になれます。 ▮前売り券販売 ローソンチケット(Lコード88791)、チケットぴあ(Pコード765-306)などで発売
展示品45人のアーティストによる、絵画、写真、映像など120点
主催福岡アジア美術館、西日本新聞社、テレビ西日本
助成芸術文化振興基金、ポーラ美術振興財団
関連イベント■オープニング・イベント
①「アーティスト・トーク」
開催日:2012年9月1日(土)10:30-12:00
会場:企画ギャラリー
ジョン・ジョンヨプ(韓国)、ユン・ソクナム(韓国)、ホウ・ルル・シュウズ(台湾)、井上廣子、出光真子、ハ・チャヨン(韓国)、阪田清子によるギャラリー・トーク。 ※韓・中・日の通訳付き。

②「イトー・ターリのパフォーマンス」
開催日:2012年9月1日(土)14:00-16:30
会場:あじびホール
イトー・ターリによる渾身の2つのパフォーマンス。1つ目は、《ひとつの応答――ペポンギさんと数えきれない女たち――》、そして2つ目は《放射能に色がないからいいのかもしれない・・・と深い溜息・・・をつく》。(各1時間程度で、途中休憩30分あり)

■アーティスト・トーク
開催日:2012年10月14日(日)14:00-15:30
会場:彫刻ラウンジ
虐待や自然災害などでトラウマを抱えた人たちのために、フィリピン各地でワークショップを行ってきたアルマ・キント(フィリピン)のトーク。ワークショップ、そしてアートの可能性とは。※英日の通訳付

■《おっぱい塔クッキング――Breast Stupa Cookery》
開催日:2012年10月21日(日)
①10:00-12:00 ワークショップ(有料・事前申込み)
②12:30-13:30 アーティスト・トーク(無料・参加自由)
会場:FAAMカフェ
ピナリー・サンピタック(タイ)と一緒に、金属や陶器で作られた手のひらサイズのさまざまな乳房型の器を使って、彩りも鮮やかな創作料理を作ります。
詳細は、イベント案内をご覧ください。
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM