福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
過去の展覧会
展覧会最新情報
 
東京・ソウル・台北・長春――官展にみる近代美術
■期間:2014年02月13日(木) 〜 2014年03月18日(火)
■会場:企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
 本展は、20世紀前半の日本、韓国[旧朝鮮]、台湾、中国東北部[旧満洲]で開かれた官設の公募美術展覧会(官展)をとおして、これらの地域の美術の近代化を紹介する初めての展覧会です。
 当時、朝鮮や台湾、満洲は、日本の統治下・影響下にあり、日本式の制度やインフラが整備されていました。美術においても、1907年に東京で始まった文部省美術展覧会の制度が各地に導入され、1922年にはソウル[旧京城]で朝鮮美術展覧会が、1927年には台北で台湾美術展覧会が、そして1938年には長春[旧新京]で満洲国美術展覧会が始まっています。 
 本展では、当時もっとも華々しく開かれたこれらの官展を、四つのコーナーの総数93作家129点により振り返ります。各コーナーでは、西洋に発した近代美術が各地に根付き、各々の伝統や美意識にあわせて変化しながら、西洋画や彫刻のみならず伝統絵画においても、それぞれ独自の近代美術が形成された様子をご覧いただけます。また、各作品からは画家の関心や表現の工夫なども見えてくるはずです。


■豆知識1─官展ってどんなもの?

【文展・帝展】
日本では、1907年に東京で文部省美術展覧会(文展)が始まります。その後、1919年に帝国美術院展覧会(帝展)へ、さらに1936年から再び文部省美術展覧会(新文展)へ引き継がれ、1944年まで開催されました。日本画、西洋画、彫刻の三部制で、1927年から美術工芸が加わりました。戦後は日展に受け継がれています。
【朝鮮美展】
1910年の韓国併合により日本の統治下におかれた朝鮮では、1922年から44年まで、ソウル[旧京城]で朝鮮総督府主催の朝鮮美術展覧会(朝鮮美展)が開かれました。東洋画、西洋画、彫刻、そして朝鮮美展の特色になる書・四君子(蘭・竹・菊・梅を描いた絵画)の四部制でしたが、1932年からは書・四君子に代わり工芸が設けられました。
【台展・府展】
1895年に日本に割譲された台湾では、1927年から、台北で台湾教育会の主催により台湾美術展覧会(台展)が台北で開かれ、1938年からは台湾総督府美術展覧会(府展)へ引き継がれました。1943年まで続いた台湾の官展は、他とは異なり東洋画と西洋画の二部制でした。
【満洲国展】
1932年に、日本政府の強い影響のもと中国東北部に建国された「満洲国」では、1938年から長春[旧新京]で、満洲国民生部の主催・日満文化協会の運営により満洲国美術展覧会(満洲国展)が始まり、1944年まで続きました。朝鮮美展を参考にしたと言われ、東洋画、西洋画、美術工芸、書の四部制でした。

■豆知識2─日本と朝鮮・台湾・満洲の官展 

朝鮮や台湾、満洲の官展は、文展・帝展の制度にならって作られ、審査には日本画壇の重鎮が招かれました。このような日本人主導による開催には各地の作家から反発もありました。一方で、官展によって展覧会という仕組みが各地に根付き、重要な作家と作品が多く生み出され、官展は各地の近代美術の形成の基礎の一つにもなりました。
このように両面性のあった官展ですが、日本でも韓国や台湾、中国東北部でも、官展をとおして西洋に発した近代美術が普及し、同時に各地の伝統を刺激して日本画、韓国画、台湾東洋画(膠彩画)などのジャンルが成長しました。また作家たちは、文展・帝展系の写実的な表現や西洋のモダンな表現を摂取しながら、民族の文化や生活や伝統的な美意識に基づいて個性豊かな表現を確立していきました。
陳進/チェン・ジン 《サンティモン社の女》 1936年 福岡アジア美術館所蔵陳進/チェン・ジン 《サンティモン社の女》 1936年 福岡アジア美術館所蔵
陳澄波/チェン・チェンボー《初秋》1942年 財団法人陳澄波文化基金会所蔵陳澄波/チェン・チェンボー《初秋》1942年 財団法人陳澄波文化基金会所蔵
金基昶/キム・ギチャン 《或日》 1943年 韓国国立近現代美術館所蔵金基昶/キム・ギチャン 《或日》 1943年 韓国国立近現代美術館所蔵
期間2014年02月13日(木) 〜 2014年03月18日(火)
会場企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC
観覧料一般1,000(800)円  高大生800(600)円 中学生以下無料 ※( )内は20人以上の団体・前売り料金。この料金でアジアギャラリーの展示もご覧いただけます。 ※次の方は無料になります。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の保持者本人と介護者1人、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券の保持者本人。 ※この料金で、アジアギャラリーの展覧会(コレクション展)もご覧になれます。 ▮前売り券販売 ローソンチケット(Lコード82625)などで発売
展示品絵画を中心に彫刻も含め、93作家129点 ※会期中、一部の作品の展示替えを行います。 ◎前期展示作品(2月13日~3月4日) 石川欽一郎《台湾風景》 大久保一《『新版画』4-02 愛国號を迎へる(奉天忠靈塔にて)》 大久保一《『新版画』6-12 豚と鐡道(線路を巡りて)》 竹内栖鳳《風薫双塔寺》 寺崎広業《溪四題(雨後・秋霧・夏の月・雲の峰) 荒木十畝《寂光》 川崎小虎《荒涼》 小林萬吾《花鈿》 安井曾太郎《京城府》 梅原龍三郎《台湾風景》 ◎後期展示作品(3月6日~3月18日) 石川欽一郎《台湾風景農村》 大久保一《『新版画』7-15 支那芝居》 大久保一《『新版画』3-12 奉天風景》 池上秀畝《秋雨》 山口蓬春《市場》 小林萬吾《林泉》 児島善三郎《蓮花》
主催福岡アジア美術館  読売新聞社 美術館連絡協議会 FBS福岡放送
助成芸術文化振興基金 ポーラ美術振興財団 公益財団法人吉野石膏美術振興財団
協力ライオン 清水建設 大日本印刷 損保ジャパン
関連イベント◆近代美術にどっぷり!?の二日間  あじび集中講座!
【一日目】2月15日(土)13:00~17:00
1時限目(13:00~15:00)
 林育淳/リン・ユーチュン(台北市立美術館 研究員) 
 「台湾美術展覧会と在野の美術団体について」
2時限目(15:00~17:00)
 江川佳秀(徳島県立近代美術館 学芸調査課長)
 「異郷の昭和美術-満洲国美術展覧会をめぐって」

【二日目】2月16日(日)10:00 ~17:00
3時限目(10:00~12:00)
※都合により、児島薫(実践女子大学教授)「日本人官展作家の微妙な立ち位置」の発表は、中止となりました。
4時限目(13:00~15:00)
 金炫淑/キム・ヒョンスク(德成女子大学人文科学研究所研究教授)
 「朝鮮美術展覧会の画家たち」
5時限目(15:00~17:00)
 李東拲/イ・ドングク(韓国芸術の殿堂書芸博物館学芸室長)
 「朝鮮美術展覧会の書と四君子の話し」

※2日目は、午前中の講座は中止となり、午後のみの開催となります。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

◆ギャラリー・ツアー:学芸員といっしょに作品を見ましょう!
日時:3月1日(土)13:00~14:00
   3月8日(土)13:00~14:00
※入場には本展観覧券が必要になります

図録好評発売中
本展に出品された作品図版(3会場に展示された全作品)、作家・作品解説、作品リストのほか、各地域の官展の諸資料、エッセイ、年表等も掲載。320頁、カラー図版176頁。日本語、韓国語、中国語の3ヶ国語で出版。1冊税込み2,000円。

※遠方からのご注文は、下記まで。
福岡アジア美術館ミュージアムショップ「uchu-do space」
電話:092-262-8006
E-mail:mail@uchu-do.jp
本展図録1冊2,000円+送料500円(1冊の場合)で、郵送も承っております。
問い合わせ 福岡アジア美術館 Tel:092-263-1100
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM