福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
展覧会最新情報
 
ベトナム・うるわし・なつかし
■期間:2013年07月04日(木) 〜 2013年10月01日(火)
■会場:アジアギャラリー
なつかしの暮らし、うるわしい女性たち

 陽光ふりそそぐ穏やかな農村風景、ゆったりとした時間の流れのなかのに佇むアオザイに身を包んだ女性。
 フランスの植民地だったベトナムは、美術においても、ヨーロッパの文化の影響を受けながら、独自のスタイルを作り上げてきました。1925年に東南アジア最初の美術学校であるインドシナ美術学校が設立されて以降、ベトナムの作家たちはフランス美術(油彩)を学ぶ一方で、漆や絹などベトナムの伝統的な素材や技法を用いた表現を築き上げてきました。もともとは装飾のための工芸の素材として使われた漆による絵画には、つやつやとした深みがあり、どこか素朴ななつかしさが感じられます。また、絹絵には布に色がしみ込むことでかもし出されるやわらかな風合いがあり、透けるように繊細な色使いのベトナムらしい表現方法のひとつとなりました。
ベトナムの美術では、植民地や戦争の時代をこえて、穏やかな山村、田園風景が描かれてきました。作家たちは自然のなかで家畜とたわむれた子ども時代を思い出し、またそこでの人々の暮らしを温かく見つめています。
 もうひとつ、しばしば絵画の題材となってきたのが、女性の姿です。女性たちはアオザイに身を包み、ゆったりと身体を横たえ、そっと首をかしげたうるわしい姿で描かれました。一方、ベトナム戦争中の戦意高揚ポスターに描かれる女性は、武器を持つ逞しい姿ですが、その傍らには常に花が描かれ、うるわしさを失いません。
 本展では、ベトナムの近代絵画を中心に、当館の所蔵作品と寄託作品をあわせて、約30点の作品で、なつかしく、うるわしいベトナム美術の魅力を紹介します。


コーナー展示
○「ホーおじさん、村へ行く」
ベトナム建国の父ホー・チ・ミン(1980-1969)を描いた、漆絵、版画を紹介します。

○忘れられていたタ・ティ(1920-2004)―キュビスムの旗手 
タ・ティは、ベトナム近代美術史からは忘れられていた存在でしたが、ベトナムにキュビスムと抽象絵画を最初にもたらした画家であり、近年、再評価が高まっている作家です。都会的なデザイン・センスが光るタ・ティ作品を特集します。

○ベトナムの版画
厄除けや招福を祈願して、旧正月の飾り絵として、家の門や部屋に毎年新しく飾られてきたベトナムの民衆版画を紹介します。
レオ・フォー「ふたりの子ども 」1932年レオ・フォー「ふたりの子ども 」1932年
タ・ティ「女」1950年タ・ティ「女」1950年
作家不詳「五虎図」制作年不詳作家不詳「五虎図」制作年不詳
期間2013年07月04日(木) 〜 2013年10月01日(火)
会場アジアギャラリー
観覧料一般200円(150円) 高校・大学生 150円(100円) 中学生以下無料
主催福岡アジア美術館
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM