福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
 
最新のイベント
スケジュール
最新のイベント
 
◆「闇に刻む光―アジアの木版画運動 1930s-2010s」 週末ワークショップ④『紙に刻む世界~紙版画ワークショップ』
■開催日:2018年1月19日(土)①11:00-13:00 ②14:00-16:00
■会場:その他
石牟礼道子『水はみどろの宮』挿絵(紙版画)「赤子の手」石牟礼道子『水はみどろの宮』挿絵(紙版画)「赤子の手」 「闇に刻む光—アジアの木版画運動 1930s-2010s」展の関連企画として、版画をテーマにした体験型ワークショップを行います。

このワークショップでは、10センチ角の厚手の紙をニードルで削り、プレス機で印刷をします。削った部分が線として残る銅版画と似た手法ですが、素材が紙なので削りやすく、幅広い年代の方にお楽しみいただけます。
一枚の紙に、ゆっくりと自分の世界を刻んでいく豊かな時間をご体験ください。

*定員に達しましたので募集は終了しております

*******

【講師】
山福朱実
福岡県出身、在住。
北九州・若松の小さな印刷屋に生まれる。1981年に上京、1986年頃よりイラストレーションの仕事をはじめ、2004年に木版画制作に着手。
現在は生家である山福印刷工場の一部をアトリエ『樹の実工房』とし、装丁・挿画を手掛ける他、ライブ活動など様々な分野で活動中。
主な木版画絵本に『ヤマネコ毛布』(復刊ドットコム)、『ぐるうんぐるん』(農文協)、物語の挿絵として『水はみどろの宮』(石牟礼道子 作、福音館書店)などがある。
http://nekoyanagioffice.wix.com/kinomikoubou
開催日2018年1月19日(土)①11:00-13:00 ②14:00-16:00
会場その他
料金1000円
主催【主催】福岡アジア美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会 【協力】公財福岡市文化芸術振興財団
問い合わせ092-263-1100
その他【会場】福岡アジア美術館 アートカフェ(7F)
【年齢】小学生以上(小学生は保護者同伴)
【定員】各回10名
【お問い合わせ】092-263-1100(担当:趙・岩本)
*定員に達しましたので募集は終了しております
応募締切 締め切りました
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM