福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
 
最新のイベント
スケジュール
最新のイベント
 
アーティスト・イン・レジデンス滞在作家によるトーク〜これまでの活動と福岡での予定〜
■開催日:5月19日(土)14:00〜16:00
■会場:あじびホール
この夏、福岡アジア美術館には、今年度の第1期レジデンス作家として、ブディ・アグン・クスワラ(インドネシア)とチェン・チンヤオ(台湾)の2人のアーティストが滞在します。彼らは制作やワークショップなど、美術を通した様々な交流活動をおこなっていきます。
今回のトークでは、各々の福岡での活動内容や抱負、これまでに発表した作品などについて話していただきます。ぜひご来場ください。

■ 日 時:5月19日(土)14:00〜16:00
■ 会 場:あじびホール(8階)
■ 定 員:120名
入場無料(事前申込み不要)・逐次通訳

[お問い合わせ]
福岡アジア美術館 交流係 
福岡市博多区下川端町3-1
リバレインセンタービル7・8F
TEL:092-263-1103 FAX:092-263-1105

【滞在作家紹介】
◆ブディ・アグン・クスワラ Budi Agung Kuswara
1982年生まれ、インドネシア・バリ在住。
バリの気鋭のアーティスト。海外でのレジデンスは今回が初めて。廃品を使ってバリと日本の神話に登場する怪物や悪魔を制作し、パレードをおこなうほか、自然の素材やリサイクル品を用いて凧や舟をつくるワークショップも実施する予定。
(滞在期間:5月16日〜7月24日)

◆チェン・チンヤオ(陳擎耀) Chen Ching Yao
1976年生まれ、台湾・台北在住。
異国間の文化や人種、民族の違いなどを題材に、ユーモラスな写真や絵画作品を制作するアーティスト。2009年より展開している「レストラン・プロジェクト」(各国の料理店で、その国の衣装を纏った人たちを配した写真作品)の制作をおこなう予定。
(滞在期間:5月16日〜7月24日)
開催日5月19日(土)14:00〜16:00
会場あじびホール
料金無料
主催福岡アジア美術館
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM