福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
 
最新のイベント
スケジュール
最新のイベント
 
アジア太平洋におけるソーシャリー・エンゲイジド・アート
■開催日:11月26日(日)14:00~17:00
■会場:あじびホール
アジア太平洋地域には、欧米の文脈とはまた別に、社会に深く関わろうとするソーシャリー・エンゲージド・アートの実践があります。「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」にあわせて開催するこのシンポジウムでは、4人の報告者から、インドネシア、東チモール、ハワイ、日本における活動を報告してもらいます。ことなる場所で、ことなるアイデアと方法で実践される活動から、私たちはアートと社会の新しい関係性を見出すことができるのでしょうか。

トークゲストと発表内容(仮):
◆レオノール・ヴェイガ(ライデン大学、研究者)
*福岡アジア美術館レジデンス研究者
「The Third Avant-garde: social climates in Indonesia and Timor-Leste」

◆ジェームズ・ジャック
(九州大学ソーシャルアートラボ、美術作家)
「A Sea-Centric SEA」

◆ヘアロハ・ジョンストン(ホノルル美術館、学芸員)
「From the Hawaiian Renaissance to the Molokai Window」

◆中尾智路(福岡アジア美術館学芸員)
「Between Memories & the Museum in Fukuoka」

*日英逐次通訳あり(通訳:山下由起子)
James Jack "Talk Story about Dirt." Participatory workshop in preparation for Molokai Window. 2017. Photo by Mihoko FuruyaJames Jack "Talk Story about Dirt." Participatory workshop in preparation for Molokai Window. 2017. Photo by Mihoko Furuya
トークゲストトークゲスト
開催日11月26日(日)14:00~17:00
会場あじびホール
料金入場無料
主催福岡アジア美術館
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM