福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
 
最新のイベント
スケジュール
最新のイベント
 
[アジア美術トーク] タン・ダウの軌跡、再び ― シンガポール・福岡
■開催日:2016年8月28日(日)14:00-16:00
■会場:交流スタジオ
 シンガポールのみならず、東南アジアの現代美術を牽引してきた美術作家タン・ダウ(1943年まれ)の活動をふりかえるトークを開催します。タン・ダウは、福岡とも縁が深く1991年には福岡市美術館で個展を開き、1999年には福岡アジア文化賞を受賞しています。今回は、東南アジア美術の研究者お二人を招いて、タン・ダウの初期作品から現在までの活動の軌跡をたどります。
 なお、トークにあわせて、当館アジアギャラリーでは、タン・ダウの所蔵作品5点と、1991年に福岡市美術館で行われた2つのパフォーマンス映像を展示しています。あわせて、ご覧ください。※9月6日(火)まで

「タン・ダウ in 福岡」  14:00-14:30
後小路雅弘(九州大学大学院人文科学研究院 教授)
福岡で紹介されたタン・ダウを、1991年の福岡市美術館での個展「タン・ダウ」(アジア現代作家シリーズⅤ)や1999年の「第10回福岡アジア文化賞」受賞、半年の福岡アジア美術館での滞在制作をとおして、お話いただきます。


「タン・ダウ:100% 老土」  14:30-16:00
シャーメーン・トー(シンガポール国立美術館 学芸員)
今年シンガポール国立美術館で開催されたタン・ダウの初期作品に着目した「Earth Work 1979」展と、福岡アジア美術館が所蔵するタン・ダウ作品についてお話いただきます。 ※逐次通訳
現在展示中のタン・ダウのコーナー現在展示中のタン・ダウのコーナー
タン・ダウ、パフォーマンス「家」1999年、福岡アジア美術館、撮影:今村馨タン・ダウ、パフォーマンス「家」1999年、福岡アジア美術館、撮影:今村馨
「Earth Work」展(National Museum Art Gallery, Singapore、1980年)のポスター「Earth Work」展(National Museum Art Gallery, Singapore、1980年)のポスター
開催日2016年8月28日(日)14:00-16:00
会場交流スタジオ
料金参加無料
主催福岡アジア美術館、アジア近代美術研究会
問い合わせ福岡アジア美術館 Tel:092-263-1100
その他■タン・ダウ[唐大霧](1943年生まれ)
シンガポールのみならず東南アジアを代表する現代美術作家のひとり。約20年にわたるイギリス滞在の後、1988年に帰国してから、インスタレーションとパフォーマンスを組み合わせるなど、新しい表現形式を駆使して、社会的メッセージ性の高い作品を発表してきた。また、美術家たちの共同制作および発表の場である「アーティスツ・ヴィレッジ」を主宰し、後進の育成にもあたってきた。以後、東南アジアの現代美術を牽引し、中国系シンガポール人としての自己のアイデンティティを模索しながら、観客に参加を促すパフォーマンスや日用品を使ったインスタレーションで、環境や社会問題を提起し続けている。1999年に「第10回福岡アジア文化賞」受賞。

<参考>
○「タン・ダ=ウ シンガポール―民族と自然のはざまで」展[アジア現代作家シリーズⅤ](福岡市美術館、1991年9月10日-11月10日)
○「タン・ダウの軌跡 1979-1999」展(第10回福岡アジア文化賞受賞記念](福岡アジア美術館、1999年9月23日-11月7日)
「EARTH WORK 1979」展(シンガポール国立美術館、2016年1月22日-5月29日)
「第10回福岡アジア文化賞」受賞(1999年、芸術・文化賞)
資料タン・ダウについてのトーク案内
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM