福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  展示会案内
展覧会最新情報
スケジュール
過去の展覧会
過去の展覧会
 
魅せられて、インド。――日本のアーティスト/コレクターの眼
■期間:2012年1月21日(土)〜2012年3月11日(日)
■会場:企画ギャラリー(7階)
 インドと日本との間では、近代以降、宗教、思想、文化、芸術など、実に広いジャンルにおいて交流がなされてきました。1964年に個人の海外渡航が自由化されると、多くの若者が日本を脱してインドへ旅するようになり、それ以降現在まで、さまざまな視点で「混沌のインド」に向き合ってきました。そして、近年では、新興経済国としてのインドに高い関心が集まっています。
 「魅せられて、インド。――日本のアーティスト/コレクターの眼」展は、戦後の日本とインドの交流のなかで、日本にさまざまな形で積み重ねられた「インド」を多彩な作品で紹介することにより、日本におけるインドのイメージがどのように形成されてきたか、またそれが現代の日本文化にどのような影響を与えてきたのかを明らかにしようとする展覧会です。
 第一部では、太平洋戦争後、日本のアーティストによるインドをテーマとした表現に焦点をあてます。特に1960年代以降、インドの文化や精神世界へのあこがれが広く見られたことをふまえ、絵画、写真、デザイン、映像など広い視覚表現の諸分野で、日本のアーティストを魅了してきたインドの美意識や造形がどのようなものであり、またそれが日本でどう展開されたのかを探ります。続く第二部では、日本の個人コレクターが蒐集してきた多彩なコレクションを紹介します。インドに頻繁に足を運び続ける市井のコレクターが、各々の美意識やこだわりのもとに集めてきた絵画、印刷物、民芸品など、これまで一般公開されることのなかった秘蔵コレクションを公開します。
(ここでいうインドとは、「インド亜大陸」の意)

展覧会チラシ
プレスリリース(日本語)
プレスリリース(英語)
 
畠中光享「塩の行進」(部分)2007年(個人蔵)
ガネーシャの神像(小磯学・小磯千尋 蔵)
会期2012年1月21日(土)~3月11日(日)
休館日水曜日
会 場企画ギャラリー(7階)
観覧料一般800(600)円、高大生500(300)円、中学生以下無料
※( )内は前売りなど
展示品絵画、写真、グラフィック・デザイン、関連資料など約1000点
主催福岡アジア美術館、西日本新聞社、テレビ西日本
後援駐日インド大使館、公益財団法人 日印協会
助成芸術文化振興基金
関連イベント講演会「『河童が覗いたインド』を語る」
 日時:2月11日(土) 14:00~15:30
 場所:あじびホール
 講師:妹尾河童(第1部出品者)
 入場料:500円
 定員:120人(要事前申込み、申込み受付期間:1月21日~28日)
⇒終了しました

講演会「日本にやってきたインド映画~85年の歩みと広がり」
 日時:2月12日(日) 14:00~15:30
 場所:あじびホール
 講師:松岡 環(第2部出品者)
 入場無料(事前申込み不要)
⇒終了しました

絵本で聞くインドの民話
 日時:1月22日(日)、2月19日(日)、3月4日(日)14:00~14:30
 場所:展覧会場内
 ※本展チケットが必要です(事前申込み不要)

【追加イベント1決定!!】
ボリウッド映画上映会《チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナ》
 日時:3月4日(日)13:30 - 16:05
 場 所:あじびホール
 内 容:チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ
 (2009年、155分、ワーナーブラザーズ)※DVD上映
 監督:ニキル・アドヴァーニー
 キャスト:アクシャイ・クマール、ディーピカー・パードゥコーン
 字幕:松岡環 (本展第二部出品コレクター)
 定員:100名
 入場料:無料

【追加イベント2決定!!】
 クロージング・イベント「お米で描くインドのワルリー画」
 日時:3月11日(日)13:00~16:00
 場所:ロビー、彫刻ラウンジ(福岡アジア美術館 7階)
 内容:
 ①13:00~13:30
  まずはじめに・・・「ワルリー画って?」
   ミティラー美術館の長谷川時夫館長(本展第二部出品者 ※予定)によるワルリ ー画の紹介とその世界観のお話
 ②13:30~14:00
  ワークショップ「いっしょにお米で描いてみよう!」
   さてお待ちかね。特別な紙(葉書サイズの紙に特殊絵具を塗ったもの)に、お米と竹ペンでワルリー画を描きます
 ③14:00~16:00
  公開制作
  デウー先生、ゴルカナ先生によるワルリー画の公開制作。どうぞ思う存分、ゆっくりその技を間近でご覧ください

連携事業ほか ◎シネラで「インド映画特集」18本一挙上映!
 会期:2月1日(水)~25日(土)(月曜、火曜日を除く)
 詳細および問い合わせ:福岡市総合図書館/映像資料課

◎ミュージアムショップ「アペロッサ」で、本展出品者の秘蔵グッズを販売

◎期間限定メニュー「インド・セット」をFAAMカフェで楽しめます。

▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM