福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  コレクション
収集方針
作品リスト
作品リスト
 
 
ブータン
▼立体
仏壇
カルマ、レキ・ドルジの共同制作
■制作年 1998
■材質/技法 木、真鍮、絹、他
■サイズ
(高さ×幅×奥行)
260×172.5×64
ブータンは、伝統文化や自然環境の保存のために、国の政策として近代化を受け入れていない。そのため、「現代美術」も、近代的な意味での「美術」も存在しないが、人々の生活の中には多くの美術的なものが息づいている。その一例といえるのが、この仏壇である。ブータンではどの家庭にも仏間があり、仏壇が置かれている。その大きさは、経済的な状況や社会的な地位によって異なるが、本作はブータンの一般的な家庭でみられる仏壇で、特に大きいものではない。この仏壇には、14の仏菩薩像と仏塔が置かれており、釈迦や阿弥陀など日本でもおなじみの仏像の他に、パドマサンバヴァなどブータンの仏教史上重要な聖人の像も含まれている。制作者は、ティンプーのチョキ手工芸に勤務する職人である。カルマが担当した木彫、レキ・ドルジが担当した彩色は、それぞれパル・ゾ、ラ・ドリィと呼ばれ、ブータンは仏教の教えに基づいて保護されている13工芸に属している。
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM