福岡アジア美術館HOME
English
美術館について コレクション 美術館だより 利用案内 ミュージアム
展覧会案内 イベント案内 レジデンス事業 施設貸出
リンク お問い合わせ サイトマップ
  コレクション
収集方針
作品リスト
作品リスト
 
 
ミャンマー
▼平面
王室の肖像
サヤ・ソー
■制作年 19世紀末-20世紀初
■材質/技法 油彩・画布
■サイズ
(高さ×幅×奥行)
54.7×60.2×-
19世紀後半、英国は、ビルマ(現ミャンマー)全土を英領インドに併合した。この結果、東はタイ、西は北インドにまたがりインドシナ最強を誇ったビルマ人によるコンバウン王朝の命運も尽きてしまう。この絵に描かれているのは、その最後の王家に連なる人々である。実際の王家の肖像というよりは、彼らが滅んでしまった後に、その宮廷画家の末裔の手で、おそらくは写真をもとに、新しい支配者である英国人の異国趣味を満たすお土産物として描かれたものである。インドのカンパニー派細密画や中国の輸出用絵画(チャイナ・トレード・ペインティング)と同種の、アジアにおける初期洋風画の一例である。背景のマンダレーの町並みの西洋風の奥行きを持った空間表現と、前景の伝統的な操り人形を想わせる理想化された端正な人物像の組み合わせが幻想的な気分を漂わせている。
▲このページのトップに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM