福岡アジア美術トリエンナーレ
このサイトについてお問い合わせサイトマップ
>>English
HOME
福岡トリエンナーレって何?
FT3 2005
FT2 2002
FT1 1999
第3回福岡アジア美術トリエンナーレ2005
トップ 開催概要 テーマ 参加アーティスト トリエンナーレへの道 リンク
参加アーティスト >>一覧へ
アジア21カ国・地域から総勢50組のアーティストが参加。「多重世界」をテーマに、アジアの今を絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーション、ワークショップ、パフォーマンスなどで表現。
マレーシア
ビビ・チュウ・チョン・ビー/Bibi Chew Chon Bee
1969年 クアラルンプール(マレーシア)生まれ
クアラルンプール在住
直接見ることができず、ただ間接的にその存在を感じることしかできない「風」。《風をつかまえる》は、そうした風そのものを作品化したインスタレーション。そこからは、中国系マレーシア人として生きる作者が、見えなくても確かにあるものを感じながら自己のアイデンティティを模索する姿が垣間見える。
チャン・ユンチア/Chang Yoong Chia
1975年 クアラルンプール(マレーシア)生まれ
クアラルンプール在住
チャン・ユンチアは、新聞の死亡記事欄に掲載された、彼にとってはまったく見ず知らずの人々の死を悼むために、故人の肖像写真に基づき、一針一針、故人の顔を縫い上げる。
アズリザ・ビンティ・アヨボ/Azliza Binti Ayob
1975年 クアラルンプール(マレーシア)生まれ
スランゴル(マレーシア)在住
福岡アジア美術館の踊り場全体を使って、モノポリー(人生ゲーム)を等身大にまで拡大した立体作品(インスタレーション)。もちろん誰でもサイコロを転がして遊ぶことができる。
>>ページTOPに戻る
All Rights Reserved, Copyright(c) FUKUOKA ASIAN ART MUSEUM 2004-2005